2004.04.17   K2Couple No.0106

平標山
たいらっぴょうやま (群馬県・新潟県)
1,983m
標高差 1,005m
クリックで拡大
パステルカラーの柔らかい空と残雪の山

  ■4:35 = 高崎IC = 月夜野IC = 6:05元橋p
  元橋p6:20 - 7:35岩魚沢林道登山口7:45 - 9:45平標小屋(L1)10:10
  - 11:30
平標山 - 12:50松手山(L2)13:20 - 13:40鉄塔 - 14:30元橋p
  
元橋p14:40 = 15:10猿ヶ京温泉16:05 = 月夜野IC = 高崎IC = 16:05■
猿ヶ京温泉 まんてん星の湯 (¥600)  松手山から振り返る平標山


三国峠に向かう道沿いに、カモシカ君を発見する。
群馬県で見るのは初めてだ。
車を停めて柵越しにご対面、かわいい目をしていた。

きれいに雪かきされた別荘地を通り過ぎると、林道はいきなり積雪1bの雪道になった。

岩魚沢林道でふきのとうをゲットしながら、登山口までぶらぶらと身体を慣らして行く。
ふきのとうは家に帰って蕗味噌になる。
ビールのつまみに最高。
残りは味噌汁にして、春の味覚を堪能した。

 別荘地を抜けて林道を進む 

平元新道は、トレースが錯綜していた。
赤布を頼りに小屋をめがけて冬ルートを直登する。

夏道はこう行ってああ登ってと、講釈を垂れながら尾根上を行く。
多分、本日の一番乗り。

強風のため雲が勢いよく流されています。

 雪は締まっていて歩きやすい 
クリックで拡大

カラマツの風切り音に乗って届く鶯の声が清々しい。
でもまだ鳴き方が下手ですよ。

小屋直前の沢上部に雪崩の跡があり、心持ち早く慎重に通過する。

 所々に小さな雪崩の跡があります
クリックで拡大

小さなデブリを乗り越えれば、雪に半分埋もれた平標小屋がひょっこり現れる。
いつもそうだが、稜線に出た時の気持ちは何とも言えない。
小屋の裏手にまわり、ザックを下ろして山を見上げる。

この広々とした空間に人の姿が全くない贅沢。
孤高とは言わないが、大好きな瞬間です。

おにぎりがうまい。

 平標小屋に出る

 平標小屋から平標山と谷川連峰の最高峰仙ノ倉山を望む

クリックで拡大

平標と仙ノ倉のコルから、ガスが勢いよく群馬側に流れ込んでいる。

我が隊の後から五人くらい追いかけて来たが、山頂ピストンのようだった。

ところどころ夏道が出ている。
夏道沿いに登ると楽だったが、階段の穴を踏み抜くと股まで落ち込むので結構体力を消耗する。

夏道を避けて登る。

 平標小屋をあとに平標をめざす 

無心に歩を進めては立ち止まって、大源太山や三国山、遠く薄っすらと見えた苗場山を振り返る。
広くて雄大な雪の斜面が気持ち良い。

息を整えて又登ります。

 ちんたらちんたら登ります
クリックで拡大

4年前は逆コースを歩いた。
その時はガスで周りが見えなくなり、山頂直下の雪田でルートを見失う。
一瞬新田次郎の小説が頭の中をよぎった・・・ちょっと苦い思い出です。

 4年前には下山ルートを見失ったあたり
クリックで拡大

雪たっぷりの山にガスの演出。
強風と初夏のような陽差し。
見上げる山の大きさ。
キックステップで登る斜面となだらかな稜線。
上空の柔らかい青と白い雪のハーモニー。

春山も天候に恵まれれば、無雪期には見せることのない上品な表情を見せてくれる。

 山頂はもうすぐそこ 

いよいよ山頂という時にガスと風が悪戯をする。
ちょっとやめてよ。
何も見えずに悔しがる二人だった。

証拠写真を撮ってすぐに下山開始する。
もうちょっと待てばよかった山頂です。

気温は異様に高かった。

 何でこうなるの 

ヤカイ沢の雪渓も所々はげている。
ガスの切れ間にスキーで降りてる人が見えた。

松手尾根上部は夏道が出ていたが、いつの間にか登山道が階段になっていて、これは登りにくいだろなと思う。
この辺りは高山植物の多いところで、登山道の周りは荒らされていたもんね。
植生保護のためには、やむを得ない処置かも。

 ガスの中を松手山へ下る 
クリックで拡大

下るにつれてガスの流れもおさまり、平標山頂がはっきりしてきます。

 山も姿を見せ快調に下山

クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大
 平標から松手山まで遊び帰りです

クリックで拡大

松手山付近まで下ると雪庇が発達していて、平標をバックにシャッターチャンス到来だ。

パステルっぽい青空と白い残雪、笹の緑にガレ場の茶色が素晴らしく調和して広がっている。

 松手山の雪庇
クリックで拡大

思わずザックを広げて緊急ランチタイムを始める。
残雪模様が作り出す大自然の芸術に感動しまくり大会です。

松手山からは雪上と夏道を交互に急な下りが待っている。
登山口に着くと川沿いにネコヤナギが咲いていた。
ここではやっと春の訪れです。

心ゆくまで楽しんだ山行。

駐車場には朝10台くらいだったが、少し増えているような気がした。

 松手山頂で

               あまりの気持ちよさに思わず臨時ランチタイムOPEN 

  
   この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

  平標山の場所           

inserted by FC2 system