2004.07.24   K2Couple No.0118

硫黄岳
いおうだけ (長野県)
2,760m
本沢温泉から硫黄岳リベンジ山行

  4:30 = 藤岡IC = 下仁田IC = 7:30本沢林道p
  本沢林道p7:40 - 7:55登山口 - 8:35ゲート8:40 - 9:10(L1)9:25 - 10:05
  本沢温泉10:15 - 11:10夏沢峠(L2)11:20 - 12:25
硫黄岳(L3)13:15 -
  13:50夏沢峠14:00 - 14:35本沢温泉14:45 - 15:40ゲート15:45 - 16:15
  登山口 - 16:35本沢林道p

  
本沢林道p16:40 = 16:55稲子湯17:20 = 内山峠 = 下仁田IC = 藤岡IC =
  19:35■

稲子湯 (¥600)
▲ 硫黄岳山頂の爆裂火口


硫黄岳のリターンマッチを本沢温泉ルートから標高差1,200bの挑戦。

八ヶ岳は雲に覆われていたため、目的地を霧が峰に変更しかけたせいで
時間以上ロスしてしまった。

稲子湯手前で本沢林道に入る。
登山口付近は工事中で駐車スペースがないので、仕方なく少し戻って空き地に駐車する。

日本最高所に露天風呂を持つ本沢温泉までの林道(かもしか林道)は快適で明るいアプローチだが少し長い。

 かもしか林道 

登山口から2時間も歩けば本沢温泉に到着。
売店の前のベンチで、冷たい水と冷たいトマトをご馳走になる。

露天風呂が見える辺りは硫黄臭が立ち込めていた。

本沢から夏沢峠までは北八ツ風の苔むした樹林の中を登る。
時々姿を見せる硫黄岳の爆裂火口壁が圧巻です。

夏沢峠は八ヶ岳を南北に分ける境目とされる。
峠にはモモンガ君のイラストが掛かったやまびこ荘とヒュッテ夏沢が向かい合って建っているが、人影は殆んどなかった。

 本沢温泉から硫黄岳爆裂火口を望む 

樹林をわずかに登ると森林限界に達し、開放的な気分になります。

展望を求めて硫黄岳の岩礫帯に登りつめた頃にも、相変わらずガスは気ままに流れ、穏やかな広い山頂をすっぽりと覆い隠していた。
よくあること。

花は豊富だった。

 山頂をめざすもガスが切れない 

天狗岳方面もちょっとだけ見せてもらいます。
八ヶ岳連峰の中心部から北と南を少しずつです。

 振り返れば天狗岳が見える 

山頂部にさしかかると爆裂火口がカメラに収まりきれない程のスケールで展開し、気持も顔もほころんで来る。
単純。

たとえ10cmでも火口壁の端に寄りたい変な心境。

 爆裂火口 
 でかいケルンが並ぶ            ▲ お〜い 見えるか

山頂からはガスの切れ間に硫黄岳山荘、横岳方面が見えた。
先週よりも全然良いじゃありませんか。
嬉しさのあまりマミダンスが出る。

残念ながら赤岳、阿弥陀岳は見えそうで見えない。

 山頂より横岳方面の展望 

それなりの満足を得て、無風の山頂でうどんを煮ながらのんびりする。

ガスの流れに一喜一憂したり。
先週の行動と重ね合わせたり。
山頂で記念撮影する人たちを観察したり。

これ以上好転の兆しもないので時計を見て下りにかかります。

 硫黄岳山頂 
 モモンガになって夏沢峠に帰ります 

夏沢峠でモモンガのやまびこ山荘を覗いてみたが誰もいなかった。

本沢温泉の露天風呂に入ってもいいかなと思っていたが、だるくなって歩くのが嫌になると困るので、裸の男の写真だけ撮って通過する。
気持ち良さそうにしていた。

 本沢温泉に下る直前で 

本沢温泉の売店でコケモモジュースを飲む。
コケモモの香り(?)がするよ。
うまい、もう一杯。

疲れた身体に甘酸っぱい味がしみわたっていきます。

 本沢温泉

さて、帰りの林道歩きはどうでもよくなり、足をボロボロにしながら自棄歩きの二人だった。

車にザックを放り込んで稲子湯へ。
風呂から上がってのんびりする間もなく雷雨となり、停電してしまった稲子湯を後にします。

 秘湯 稲子湯

   明日は新しい車と入替えです。
   7年(113,000K)も付き合ってくれたカペラだが、今日が最後のご奉公になった。


     ミヤマダイコンソウ      ミヤマダイコンソウ       ヒメシャジン       ▲ ハクサンシャクナゲ      コバノコゴメグサ
      イワツメグサ         タチフウロ          ▲ マツヨイグサ        ウスユキソウ        ツリガネニンジン

     
カワラナデシコ クガイソウ ノハナショウブ   ▲ モリノコビト やまびこ荘のモモンガ

  硫黄岳の場所            

inserted by FC2 system