1999.10.30                         K2Couple No.0011

谷川岳沢巡り
たにがわだけ さわめぐり (群馬県)
890m
雨の一ノ倉沢そして幽ノ沢で

  ■6:20 = 前橋IC = 水上IC = 8:00土合橋 = 8:15マチガ沢出合p
  マチガ沢出合p8:35 - 9:00一ノ倉沢出合 - 9:30幽ノ沢出合(L1)10:05 -
  12:00マチガ沢出合p

  
マチガ沢出合p= 12:20土合橋、白毛門東黒沢出合(L2)13:10 = 13:30
  湯檜曽温泉湯の陣14:20 = 15:00水上の森トリックアート美術館16:00 =
  水上IC = 前橋IC = 18:00■
湯檜曽温泉 ホテル湯の陣 (¥1,000) ▲ 吸い込まれそうな不気味な谷、一ノ倉沢


  土合から清水峠に向かって、谷川連峰の腹を縫って断続した道が見える。これが清水超えの旧道で、明治十八年四ヶ月の歳月と当時の三十五万円の巨
  費をかけて、平均三間幅の道路が完成されたのだが、僅か二年使用しただけで、雪害のため廃道になってしまった。現在はその下に、湯檜曽川に沿って
  小径がついている。この小径を私は数回通ったが、これほどすばらしい景観に恵まれた道も数少なかろう。マチガ沢、一ノ倉沢幽ノ沢等、凄い岩壁をつきあ
  たりに持った沢を、一つ一つのぞいて行くのである。こんなに手近に、こんなみごとな岩壁がある以上、岩登りの好きな連中がここに集まるのも無理はない。
  そして谷川岳の遭難の大半はこの岩壁であった。
                                                                                                深田久弥 『日本百名山』 より抜粋


休日出勤が続いたため、久しぶりのお出かけだ。
今日こそ優雅な山歩きを楽しもう。

目的は沢巡りだが、谷川岳にはどんよりした雲が垂れ込めている。
平野部はこんなにいい天気なのに、何故だ。
赤城の方が晴れてていいと、駄々をこねるマミさん。
しかし、無視っ。

土合駅の手前で、きれいな見えた。
殺風景で閑散とした土合駅でトイレに寄る。

 土合駅付近から見えた虹 

土合橋の手前駐車場(白毛門の登山口)に車を停めて作戦会議の結果、小雨模様なのでロープウェイの土合駅まで、車で行く事になった。
RW駅まで行くと、今度はもっと上まで行こうと言うちょんぼパーティー。

対岸の白毛門側も紅葉が真っ盛りだが、陽射しがないのでイマイチ精彩を欠いている。

マチガ沢の出合スペースに車を停めて、小雨の中を歩き始めます。
人まばらなり。
一ノ倉沢はガスに煙って、荒々しい上部岩壁は見えようもないが、あたり一面見事に紅葉している。

一ノ倉沢の渡渉点は、増水していて通れない状態になっていた。
すこし上流で渡れそうな所があり、勇気を出して跳び石渡渉する。

 ガスに煙る一ノ倉沢出合の秋 

一ノ倉沢の出合を過ぎると、人気がなく静かな秋を満喫できる。
岩壁には、遭難者のレリーフがいくつも貼り付けてあった。
「魔の山」 と言われる谷川岳を象徴する光景だ。
若い登攀者ばっかりだ。
無言で合掌。

幽ノ沢の出合まで行きます。
岩壁の陰で雨を避けて、おにぎりを食べる。
この岩壁にも、遭難者のレリーフがいくつも並んでいた。
またまた合掌。

一ノ倉沢もマチガ沢も、撮影目的のカメラマンが多かった。

 幽ノ沢 

      モミジは赤いイソギンチャクのよう カエデは可愛い赤ちゃんの手のよう ブナの葉はフワリフワリ空飛ぶ船のよう ・・・ はらっぱ
      ふかふかの落葉のじゅうたん心地良く ふと足をとめ見上げると 紅い葉 黄色い葉 虫喰い葉 ・・・ はらっぱ
      紅葉に 染まる岩肌ひっそりと 霧にまかれる一ノ倉沢 ・・・ あた

 雨の幽ノ沢出合にて@       雨の幽ノ沢出合にてA 

土合橋に戻る頃には空も明るくなり、紅葉に映える白毛門の登り口(東黒沢出合)で、のんびり秋の陽射しを浴びて休憩をすることに。

人もいないし、太陽も暖かく、堰堤の下でお湯を沸かしてラーメンを食べて、だらけムードで時の経つのを忘れる。

マミさんは歩いたコースを確認していた。
秋の白毛門に絶対登ろうと、誓いをたてているようだった。

 秋の陽ざしを浴びて 

湯檜曽の「湯の陣」で、ゆっくり露天風呂につかる。
ここの風呂は、ゴージャスな雰囲気が好きです。
ただ自販機のビールは、山小屋より高いのが納得いきません。
従ってパス。

水上の森でトリックアート(¥900)を見て帰る。
面白かったが、再訪する所ではないでしょう。

フレッセーに寄って、晩飯用の寿司、刺身、カレーパンを買って帰宅。
秋を満喫するこんな呑気な山歩きも悪くない。

 東黒沢堰堤の秋 


  この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

  地図表示 MapionBB               

inserted by FC2 system