2005.01.22   K2Couple No.0127

掃部ヶ岳
はるな かもんがたけ (群馬県)
1,449m 榛名湖と榛名富士
膝下のラッセル疲れを温泉で癒す

  8:30 = 9:20赤城道路Uターン = 北橘村 = 10:40榛名湖町営駐車場
  榛名湖町営駐車場10:45 - 11:10硯岩分岐 - 13:05
掃部ヶ岳(L)13:50 -
  14:30榛名吾妻荘(温泉)15:10 - 15:15駐車場

  
榛名湖町営駐車場15:20 = 室田 = 16:45■
はるな温泉 榛名吾妻荘 美人の湯 (¥500) ▲ 掃部ヶ岳中腹から榛名湖と榛名富士

                        ▲ 上州 榛名山 全景(高崎市八幡原町より)    カシミール画像

雪の華を見ようと、雪雲に覆われた赤城山を目指して出発。
標高500bから降雪、600bを越えたところで路面はツルツルになり、四駆じゃなきゃ怖いよと言うことでUターンする。

榛名に行こう!
富士見村、北橘村、渋川を抜けて、伊香保温泉経由でし〜んと静まりかえった榛名湖に着いた。
圧雪路面ではあったが、赤城と全然違って安心感があった。

吾妻荘の上から掃部ヶ岳取付きに浅いトレースはあるが、潜りまくるのでワカンを付けて、硯岩の分岐まで静かな雪上を登る。

 硯岩分岐の手前

尾根上に出たとたんに寒風が頬をさします。

途中で単独のうら若きメッチェンがスノーシューで下って来た。
若い子と話すのは楽しい。
本日遭遇した唯一の登山者だった。

休む気もしないまま、意外と急な斜面を半ラッセル状態で登りつめると、榛名湖が眼下に見下ろされ、外輪山が一望のもとだ。

赤城は相変わらず雪雲に覆われ、厳しそうだった。  

 二番手は楽チン

約2時間の長いワンピッチで山頂に立つと、風が息をして吹き抜けている。

遠く筑波山、富士山、南アの北岳、八ヶ岳が雲間に浮かんでいる。
浅間山は半分雲に隠れて、全貌を現すことはなかった。

誰もいないので恥ずかしさもなく、ザックの上にデジカメを載せタイマーをセットしましょう。
雪上を走ってすました顔をし、久しぶりのツーショット写真が完成。

 浅間山にかかる雲             ▲ セルフセット中

                     ▲ 掃部ヶ岳から榛名外輪山


山頂は冷房が効きすぎているので、風を避けて直下の特等席で榛名湖と外輪山を眺めながらランチ。
新しいガスボンベは勢い良く音をたて、美味しいラーメンに舌鼓をうつ。

外輪山の彼方には前橋と高崎の街がコチョコチョと広がっていた。
群馬県のランドマーク、県庁と高崎市役所が直ぐにそれとわかる。

 山頂で久しぶりのツーショット

今日はJBの当番、そろそろ下りないと間に合わなくなりますよ。

駐車場に戻る途中、下山口の吾妻荘で温泉(?)に入る。
5Fの展望風呂は榛名富士を真正面に、何とも気持の良い、癒しの時間が流れて行く。

施設も綺麗だし、空いているし、楽しい山行を締め括るには最高だった。
最近流行の温泉施設に客を奪われて、国民宿舎は穴場的存在。

心配した高崎廻りの道も順調で、久しぶりの冬山を堪能した一日だった。

 国民宿舎 榛名吾妻荘に下る

榛名湖と榛名富士そして烏帽子岳
                       榛名湖と榛名富士そして烏帽子岳 

  掃部ヶ岳           烏帽子岳   

inserted by FC2 system