2005.09.10〜11   K2Couple No.0140

尾瀬ヶ原
おぜがはら (群馬県・福島県)
1,400m
  TUWV卒業30周年OB山行 第7弾
 小雨に煙る尾瀬ヶ原に咲くTUWVの残花

コース最大標高差 : -200
コース累積標高差(+) : 245
コース累積標高差(−) : 245
コース距離 : 16.0 km
行動時間 : 9'00"
               * 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
               * 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません
▲ 下ノ大堀より池塘に影を落とす燧ケ岳  ▲ ヒツジグサ

   ■8:40 = 高崎IC = 沼田IC = 10:40片品並木p12:05 = 12:30鳩待峠(L)
   鳩待峠12:55 - 14:15山ノ鼻14:30 - 15:55竜宮小屋16:10 - 16:45尾瀬小屋

   尾瀬小屋7:00 - 7:40東電小屋7:50 - 8:10ヨッピ橋8:45 - 9:15三又9:25 - 10:05山ノ鼻(L)10:45 - 12:10鳩待峠
   鳩待峠12:20 = 12:35並木p12:50 = 13:30ささの湯15:20 = 沼田IC = 高崎IC = 16:40■

  下田代十字路 尾瀬小屋(¥8,500)     ささの湯 (¥450)

  【参加者】 健一、千代子、桃谷、片野、片野奥、片野お嬢、原田、原田奥、高瀬、ムツ子 (9期10人) 前田、教子、濱、美恵子、ちさと、拓哉、おぎゃ、小笠原、水上、三原、相原、敬子 (8期12人)

  今回は尾瀬ヶ原ということで過去のOB山行と比べてアプローチが短く、従って余裕の出発です。
  なのに集合時間の3時間前には家を出てしまうせっかち者。
  こうしてOB山行ができるのも、ケンチヨ様桃様のご苦労があってのこと。

  時間調整で赤城SAに寄ったら、前田君夫妻とバッタリ遭遇する。
  少し話して集合地まで別行動とした。
  片品村並木駐車場の管理人と尾瀬話をしながら、メンバーの到着を待ちます。
  高瀬、相原、前田、伊藤、桃谷、拓哉、原田の順番に全員揃ったのは正午近くになっていた。
  乗合タクシーに分乗して、鳩待峠までワイワイがやがや、あっという間に到着です。


やっぱりニッコウキスゲと草紅葉シーズンの狭間らしく、峠の広場にも人の姿は少なくて得したような気分になる。

至仏登山口に陣取り、思い思いの昼食タイムが和やかに始まります。
樹間に至仏山の姿がはっきり見える。

濱を間に挟んだ汽車ポッポ隊は、山ノ鼻をめざしていざ出発。

 鳩待峠から出発です

今日は尾瀬小屋まで登りなしの楽勝コースだ。
ブナの原生林の中、階段が終われば木道が続く。

 一本

川上川の立派な橋を渡れば山ノ鼻の一角に到着、山ノ鼻でトイレ休憩。
いよいよ尾瀬ヶ原の核心部に足を踏み入れます。

ガスがかかったり切れたりする中で、疎らな拠水林の彼方に尾瀬ヶ原を見守る至仏山と燧ヶ岳が見えるのは嬉しい。

 山ノ鼻から見る至仏山

草紅葉が始まりかけており、2週間後には大勢の人達で賑やかになる。
湿原は今、つかの間の休息をとっているかのようだった。
秋は確実に深まってゆく。

風の谷のナウシカのフィナーレで見るような、黄金色の湿原が広がるだろう。

 上田代湿原
 牛首手前で晩夏の花に立ち止まる         ベンチがあると休みたくなるねえ

人影も疎らな静かな尾瀬を、賑やかな集団が長くなったり短くなったりしながら進んでいった。

上ノ大堀川橋は大雪のため落橋してしまい、仮設橋なので定員三名とか。

上田代から中田代にかけては、湿原に池塘がたくさん散らばっている。
池塘にはヒツジグサの可愛い葉っぱが密集して、可憐な花を咲かせています。
未の刻に花開くヒツジグサ、陽の光が弱いためか咲き方も控えめだ。

オゼコウホネの丸くて黄色い花が、一輪だけ池塘の中央に咲いていた。

 池塘に浮かぶヒツジグサのきれいな模様

そうこうしている内に、雷様が至仏からゴロゴロとやってきた。
ポツポツと来たかと思ったらザー。
いきなりの雨に、傘を広げて竜宮小屋に逃げ込みます。

びしょ濡れになってから、雨具を付ける間の悪さかな。
皮肉なことに、小屋から出ると雷雨も通り過ぎ小降りになった。
せっかく雨具を着けたのに 「早くしないと雨がやんじゃうよ〜」 だって。

燧ケ岳を包んだ雲に、うっすらと虹が架かり、ちょっと嬉しくなります。

 中田代湿原

ナナカマドやウルシの紅葉が、真っ赤に燃えて霧雨に光っている。

湿原を這う霧が、尾瀬の雰囲気をいやが上にも盛り上げます。
晴れ渡った尾瀬よりもずっと尾瀬らしいかも。

 ナナカマド

                         下田代に傘の花が咲く

 おしゃべりは続く        最後尾はいつもだらけモード

       ゴマナ            ヒツジグサ          ウメバチソウ      アケボノソウ(花弁不足)     オゼコウホネ

燧ケ岳の裾野に張り付く下田代十字路の山小屋群が見えた。

 わっ虹だ 小屋ももうすぐ (photo by Takuya)

弥四郎小屋の清水に、拓哉持参のスイカを浮かべて尾瀬小屋に入る。
ヘルメットのお客さん水たれてるよ、靴下脱げ、ズボンの裾上げろと口やかましいご案内にはちょっと閉口です。

 到着ですよ

風呂上りに、立寄り者用の休憩所でビールパーティー始まる。

夕食後は談話室に集まって、飲みなおします。
鳥海の話から、ちさと君の海上保安庁の話になり、とめどなく広がっていった。

 賑やかな夕食

 夕食後、談話室で言いたい放題風景 (photo by Takuya) 


             ▲▲ 尾瀬小屋の楽しい夜の思い出をザックに詰めて全員集合 (photo by Ken)

6時に朝食、小屋の前で記念撮影して7時に出発です。
今日はヨッピ橋経由で山ノ鼻に帰るよ。
スイカの回収を忘れないように。

湿原の至るところに朝霧がたちこめ、尾瀬独特の雰囲気を醸し出しています。
絶妙なガスの流れ、小雨に煙る周辺の山が幻想的であればあるほど22名の集団が際立ってゆく。

 雨模様の中、出発します

                     清々しい朝の空気を感じて イエ〜イ 

人の少ない尾瀬ヶ原を、隊列を組んで自由気ままに進む。
尾瀬にはのんびり歩きが似合います。

ウメバチソウ、アキノキリンソウ、イワショウブやエゾリンドウそして超遅咲きのニッコウキスゲ一輪の残花を楽しみながら。

 東電小屋に向かう
 TUWVメッチェンPを支えた二人(東電小屋)          ▲▲ ラブラブカップル 2組

    オゼミズギク      エゾリンドウ      イワショウブ    マルバノホロシの実    サワギキョウ   

ヨッピ吊橋のたもとでスイカとコーヒータイムです。
配給は僅かだったが、拓哉が一日担いでいただけあって最高の味だった。

 スイカ&コーヒー

この下を流れる水が沼尻川と合流して、三条の滝を下り只見川となる。

 ヨッピ吊橋を渡る
クリックで拡大
 ヨシッポリ田代        草紅葉っぽい下ノ大堀付近を歩く

クリックで拡大

そして再び尾瀬ヶ原のど真ん中に向かいましょう。
原から至仏、燧に伸びる木道が尾瀬の象徴的な風景です。

牛首の三叉路に着く頃には、池塘に広がる雨滴の輪が目立ち始める。

 尾瀬ヶ原三又ベンチ
 燧ヶ岳            おいちゃん
クリックで拡大

山ノ鼻では雨が本気になってしまいます。
少々のビールとミニラーメンで尾瀬ヶ原のフィナーレとする。
雨にせかされて、ビジターセンターに寄るのを忘れてしまった。

途中から女性陣には先に行ってもらったが、鳩待峠への登りは順調だった。
呼び寄せたタクシーにあわただしく乗り込んで、鳩待を後にした。

 悪天候にもかかわらず燧ヶ岳はずっと見えていた

下山温泉は花咲温泉の予定だったが、タクシーの運転手の斡旋で幡谷温泉ささの湯に変更する。

温い露天風呂で寒くなり、少しはましな内湯で温まって下山祝いに臨みます。
運転手付きの人はビールをいただく。
酒豪ちさと君に海上保安庁の敬礼作法を教わったり。
底抜けの明るさと底なしの酒の勢いで彼女の独壇場だった。

再会を約束して温泉で別れる。
拓哉は、谷川一ノ倉沢のルート整備に出かけていった。

衆議院議員選挙、郵政民営化一本やりの自民党が圧勝。

  幡谷温泉ささの湯広間でお別れ会 

   尾瀬ヶ原の場所          

inserted by FC2 system