2000.01.09   K2Couple No.0013

小野子山
おのこやま (群馬県)
1,208m
ミレニアム登山は上州の低山

  ■9:00 = 前橋 = 渋川 = 10:30高山村わらび荘 = 10:40小野子登山口p
  小野子登山口p10:50 - 11:15尾根取付き - 11:45姉妹つつじ - 12:00
  
小野子山(L)13:20 - 14:35登山口p
  
登山口p14:40 = 14:45高山温泉わらび荘15:45 = 渋川 = 前橋 = 17:30■

高山温泉 国民宿舎 わらび荘 (¥500) ▲ 小野子山頂


  小野子山は、子持山の西にそびえる古い時代の火山で、子持山と西に連なる十二ケ岳とともに北の高山村、南の小野上村を隔てる一つの山群を形成して
  いる。北東の山麓には、広大な緑のジュウタンのような子持牧場が広がり、大原キャンプ場、子供広場、テニスコートなどが隣接、その入り口付近には高山
  村村営の国民宿舎わらび荘がある。小野子山の北の中腹には、県指定天然記念物の「赤芝の姉妹ツツジ」がある。姉ツツジは目通り1.3m、高さ5.8m、枝
  張り8mで、樹齢は約800年と言われている。

                                                                                             上毛新聞社 『群馬の山歩き130選』 より

  小さな移動性高気圧にじっとしていられず、小野子山に行くことにした。
  記念すべきミレニアム登山。
  会社の新年会「伊香保ガーデン」からすぐ目の前に見えた山です。

  何の前触れもなく朝8時頃になって急遽行くことに決め、9時に出発するという慌ただしさ。
  YAMATOとREIREIは家に寝かせたまま放置する、ある意味無責任な親だった。

  前橋の国体道路を通って小野上村、中山峠、高山村へ。
  昔SSCの家族旅行で泊まった、久しぶりのわらび荘。
  わらび荘の前を小野子山方面へ左折します。
  林道を登っていくと、登山口に車五台、先客あり。
  一番奥のゲートの前に駐車して山支度にかかります。
  新しい靴の履き初めです。
   うれしっ。

  しばらく林道を登って、尾根に取付くころは汗がたれてくる。
  無風、快晴。たまらず二人共冬の服を脱いだ。
  ホッカイロまで入れて来た過剰装備の人、約一名。

  見通しの悪い樹林帯の登りがアツキツい。
  そういえば11月6日以来の山登りだもんね、調子が上がりません。
  尾根に出てしばらく歩くと、白い峰々が樹間から顔を出した。
  ヤッホー、写真を撮ろ。

  途中で三組のグループが下りて来ました。
  頂上は雪が残っていて湿っぽいが、北の眺めが抜群です。
  日光足尾の山、男体山、上州武尊山、至仏、平ケ岳、巻機、丹後、兎、越後の山、白毛門、朝日、谷川の稜線、苗場前衛の
  山、野反湖の山、草津の山、そして四阿山。
  白きたおやかな峰が目前に広がっている。
  特に谷川連峰は真正面でひときわ美しく、魔の山という呼び名に相応しくない穏やかさです。

  地図を広げて山座同定。
  おにぎりとラーメンが美味しい。
  丹沢から出てきたと言う単独行男性は我々と山談義を交わし、十二ケ岳に向かって湿った急坂をさっそうと下りていった。
  しばらくして ・・・ どたっ。
  音だけだが多分ころんだと思われた。
  かっこわる、かわいそ。

  上空はうす曇りになってきたが、上越の山々はあくまでも白く、いつまでもその姿を私達の前に横たえています。
  一時間半ほど山頂にいて山の美しさに見とれていたが、きりがないので下山を開始します。
  誰にも会わない。
  土が真黒い。
  殆ど下りきったところで、マミさんがしゃがんだ拍子に目の前のタラッペに気づきます。
  よく見れば雑木林の中はタラッペの宝庫だ。
  あるある。
  こんなにあっていいのか、採り来よ。

  きれいに改装した「わらび荘」で温泉につかります。
  ここも人がいなくて広い浴槽にたったひとり。
  ロビーに山好きの女性がふたり。
  一緒になって、山の話で盛り上がります。
  最高にのんびりできた。
  缶ビール¥300、やすい!


  地図表示 MapionBB               

inserted by FC2 system