2008.02.23                        K2Couple No.0187 

水沢山
はるな みずさわやま (群馬県)
1,194m
グチャグチャツルツル雪の水沢詣で

コース最大標高差 : 585
コース累積標高差(+) : 595
コース累積標高差(−) : 595
コース距離 : 3.9 km
行動時間 : 3'25"
               * 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
               * 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません
▲ 水沢山から相馬山と二ツ岳。奥は榛名富士
    8:50 = 前橋 = 9:50水澤観音p
    水澤観音p10:00 - 10:50お休み石 - 11:30十二石仏(東肩) - 11:45
水沢山12:00 - 12:50(L)13:05 - 13:25水澤観音
    
水澤観音p13:40 = 14:10しんとう温泉15:00 = 16:00■

  榛東村 しんとう温泉 ふれあいの湯 (¥300)

  榛名神社とともに、榛名山を代表する信仰の地である水澤寺(水澤観音)は坂東三十三観音の16番目の札所。参詣者でにぎわう初詣、節分を始め、科
  学万能の今でも一年中訪れる人が絶えない。 この水澤観音の西にそびえる鋭峰が水沢山で、健脚向きのハイキングコースがこの水澤観音から延び
  ている。山頂からの展望は素晴らしく、360度の視界の中に、前橋、高崎、渋川の街並みと関東平野、そして赤城、子持などの山並が一望できる。

                                                                                           上毛新聞社 『群馬の山歩き130選』 より


春のポカポカ陽気が続き、我が家の梅の花や昨年買った福寿草が開花。
ところが、今日は日本海から進んでくる低気圧が発達しながら北日本を通過中らしい。
「午前中は良いが午後から悪くなるから、近くの水沢山に行かない?」 とマミさんからメールが届く。

群馬県も寒冷前線が通過するため、大気の状態が不安定となる。
まっ、とにかく行ってみようか。

 四阿屋山の帰りに買ってきた福寿草が咲いた

道すがら赤城も榛名も何処の山も、春のように霞んで何も見えない。
う〜ん、もうチョッとは良いかと思ったんだけどな〜。
水澤観音には観光客が次々とやって来ます。
登山口近くには車が27台も並んでいた。
冬場は近くの里山が人気なのかも知れない。

登り口の車道は解けた雪が凍っていてツルツルと滑る。
初めは広い道です。
飯縄大権現からの道を合わせて少し進むと、細い木の橋で枯沢を渡る。
良く整備されていて歩き易い。

 尾根に乗って水沢山東肩を見る

予想外の急登ですが、明るい雑木林は気持ちが良い。
出発が遅かったため、早くも下山してくる人達とすれ違う。

南風が強く、気温も異常に高い。
我が隊は準冬装備だったので、堪らず上着やズボン下を脱ぎます。
他の人も皆薄着になって、一足早い春のおとずれでした。

参拝者が突く水澤観音の鐘の音が時折届きます。

 雪は斑模様に残っている

脇見をしていたおいちゃんが滑って転んだ、わっ
尾根上は雪が残っていて、所々凍っている。
もうっ、登りで転ばないでよ〜 信じらんな〜い。

「山頂近くは道がひどいので滑らないように」と下山者からアドバイス。
はい、判ってます、もう滑ってます ・・・ 遅いっつうの
登るにつれて、雪解水で道がぬかるんできた。
誰だ、こんな山に登ろうと言ったのは・・とおいちゃんの愚痴が始まります。

今日は長靴の人の方が圧倒的に多かった。
ぬかっている道は長靴が歩き易いようだ。

 道はグチャグチャツルツル

中間点のお休み石には二人の男性が休んでいたので、私達はスルー。
ここから道が急になる。
一緒に登った男性によると、45度の傾斜だそうです。
ジグザグに登って行くと、石仏が並んだ東の肩に着いた。

水沢山は東西に細長い頂稜を持ち、見る方向によってその姿を変える。
ここから少し下ってやせ尾根を進みます。
南寄りの風は一転して北風に変わり、体感温度は急降下。
冬にUターンです。

 東のピークには十二体の石仏が並んでいる

 
 十二体の石仏のうちのお気に入り四体 ( 刀を持って戦闘態勢にあるので仏というより神像?)

僅かなアップダウンの先は山頂。
山頂からは天気が良いと360°南は富士山、北には谷川が見えるのだが、今日は隣の赤城山も見えない。
同じ榛名の相馬山や二ツ岳、榛名富士が見えるだけでした。

山頂は風が強いので、直下の南側にある石のベンチで休憩。
渋川の口達者な単独男性とおしゃべりする。
ところがここも風当たりが強い。
風の無いところまで下ってランチにしよう。

 水沢山頂から榛名の山

マミさんはチャッカリ軽アイゼンを持ってきている。
下りは心配だと言って、アイゼンをつけていた。

やるぞやるぞと思っているそばから、おいちゃんが派手に滑ります。
しかも登ってくる単独女性の前で。
さすがおいちゃん、今度は滑っても転ばず ・・・ 「滑る練習ですよ、だはは」
「もう一度やってみてください」とその女性に言われた。
「・・・・・」


登る途中で上着を脱いだ広い場所まで順調に戻る。
ここでランチタイムオープン甘酒休憩にした。
うどんも煮るつもりだったが、雪が降り始めていたのでお持ち帰りにします。

 軽くポージング

分岐を飯縄大権現に向かう。
万葉植物苑の小さな池から何やら賑やかな泣き声がします。
何だなんだ ・・・ その正体はたくさんの蛙だった。

飯綱大権現の社に着き、無事下山を報告します。
ここから急な階段を下って水沢観音に降り立った。
と同時に天候急変、横殴りの雪になった。
えっ雪?霰?

船尾滝にも寄ろうと話していたのだが、当然取りやめにします。

 飯縄大権現の階段を下る

軒下に逃げ込む観光客をよそに、堂々のんびり歩きのK2隊。
本堂に上がって、二人のお嫁さんの安産を祈願します。
そして、県の重文六角堂で六道輪廻(六地蔵尊)を二人でそれぞれ廻す。

片付け始めた売店に寄って、お婆ちゃんの大好きな干し芋となめこをお土産に買って霰の降る中駐車場に戻ります。

ラジオをつける ・・・
春の嵐で、首都圏の電車が運休したり遅れたりしていると放送していた。
午前中の強い南風は、関東地方の【春一番】だったらしい。

 雪の降りしきる水澤寺本堂 

しんとう温泉は設備の不具合で沸かし湯との事でしたが、綺麗な施設で混雑もなく、気持ち良く入浴できました。
300円は安い!!

榛東村から望む平野部(前橋)は、強風に舞う砂埃で黄色く霞んでいる。
珍しい光景だった。
温泉を出る頃には雪も止んでいたが、まわりの空には怪しい暗雲が渦を巻くように広がっていた。

夕方から気温は急激に下がる。

 榛東村から水沢山を望む

    榛名水沢山の場所
  この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

                            

inserted by FC2 system