2008.04.05                        K2Couple No.0193 

大坊山 大小山
だいぼうやま だいしょうやま (栃木県)
314m
足利の里山は桜全開

コース最大標高差 : 270
コース累積標高差(+) : 550
コース累積標高差(−) : 550
コース距離 : 7.2 km
行動時間 : 5'40"

               * 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
               * 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません

 大小山(鷹巣山)天狗岩の大小文字

    6:45 = 駒形IC = 太田桐生IC = 8:05大山祗神社p
    大山祗神社p8:30 - 8:55
大坊山9:00 - 9:15長林寺分岐ピーク9:25 - 9:40石切り場ピーク9:50 - 10:05越床峠 - 10:30ピーク(L1)10:50 -
    11:55妙義山12:05 - 12:10
大小山(鷹巣山)(L2)12:40 - 12:50分岐(南尾根小ピーク往復)13:10 - 13:45やまゆり学園 - 14:10大山祗神社p
    
大山祗神社p14:25 = 14:55東葉館16:00 = 桐生 = 17:15■


  東葉館 地蔵の湯 (¥700)

  群馬・栃木県境の渡良瀬川流域には、豊かな自然に恵まれた魅力的な低山が多い。大坊山は低山ながら、起伏に富み岩場もある楽しみなコースである。
  眺望は北方に足尾山塊・日光連山の山並みが、山座同定を満喫させてくれる。南方は関東平野を一望でき、富士山も望める。
  館林から北に目を向けると、渡良瀬川の対岸に、低山ながらも堂々とした風格のある山並みが広がっている。その最高峰が大小山だ。山頂付近には大き
  く「大小」の文字が掲げられ、その付近が良い遊び場になっていた。洞穴もあって、子供の冒険心を十分に満足させてくれる山だった。


                                                                                                  読売新聞社 『上州山歩』 より

  おいちゃんは谷川連峰のタカマタギに行きたかったようだが、体力的に厳しいし雪崩注意報も出ているので却下(^^
  渡良瀬川流域の低山に嵌り始めた私は、またもや栃木県に足が向き、足利の大坊山から大小山を周回します。


関東地方は晴れマークが並んでいたが、周辺の山は春霞に沈んでいます。
榛名や赤城、浅間山もうっすらと見えるだけで。

次々現れる桜の花を眺めながら北関東道経由で足利の町をめざします。
ナビを誤って鹿島園付近にセットしてしまったため、登山口の大山祗(おおやまずみ)神社付近の住宅地内で行ったり来たりしてしまいます。
細い道をグルグルして、やっとたどり着いた。

 駐車場展望台から大坊山と大山祗神社の桜

大山祗神社の前に小奇麗な駐車場と展望台がありました。
暖かい春の陽射しを浴びて、満開の桜がまぶしいです。
展望台から太田金山や足利の町を見下ろす。

おいちゃんは地元の愛想のいいおじさん(戸叶さん)と話し込んで動かない。
神社にまつわる歴史を伺っていたらしい。
私は神社にお参りを済ませて、写真を撮りながら待ちます。
早く来いよ〜。

 地元の戸叶さんと立ち話に興じるおいちゃん
 「人の心を癒す大坊山」碑              ▲ 大山祗神社

さて神社右の階段から登り始めます。
なかなかの坂道を山岳マラソン風の一人の男性が追い越していき、すぐに見えなくなった。
凄い人がいるもんだ。

初夏のような陽気で、おいちゃんは半袖一枚です。

 大山祗神社奥の宮参道が登山道

ヤマツツジや山桜を愛でながらゆっくり登ると山頂に着いた。
うっすらと赤城山が見える。

大山祗神社は元々ここにあったが、昭和40年の落雷で焼失したため現在の場所に移転。
今は奥の宮として、桜や石碑が往時を偲ばせる。

 山頂風景
 ヤマツツジ             ▲ 青空に桜花

                                 ▲ 大坊山の下りから越床峠に至る稜線

いったん下って次のピークへ進みます。
道が岩ゴツになってきた。

振り返ると大坊山の斜面に山桜が咲いている。

間近に展開する町並を眺めながら、次のピークで展望休憩。
休んでばっかり。
色彩くっきりのゴルフ場。
斜面を飾る山桜やツツジ。

 太田金山が近い

越床峠手前のピークは北面が削り取られている。
捲き道もありますが、左側がガレた斜面を登っていく。

山頂から人の声がします。
この山の持ち主であり砕石している会社(関野建材工業)の社長さん一行。
黄ヘルをかぶったお客さんらしき男性二人を連れて登ってきていた。

 長林寺に下る分岐


気さくな社長さんと立ち話です。
大坊山で心筋梗塞になったが、元気になったので15年ぶりだとのこと。
鉱山側から山頂のすぐ下まで車で来られていました。
自分の山だし、仕事柄道を作るのは簡単な事のようです。

昔は自分も山登りが好きだったとおっしゃっていました。
私有地内を歩かせていただいているようですので、丁重にお礼を言って別れます。

 石切り場(関野建材工業足利鉱山)を見下ろす

急斜面を一気に峠まで下ります。

ちょうど峠に下りたところで、逆コースのご夫婦と初めてすれ違った。
阿夫利神社から大坊山までピストンするそうです。
健脚ですね〜。

 越床峠

 
      ▲ 河津桜           ニガイチゴ          フイリフモトスミレ       フモトスミレ         ▲ アカネスミレ

この山域は名無しの小さなコブがいくつも連なっている。
いずれも50m程のアップダウンですが、次々とピークに上がるたびに360°の素晴らしい山頂展望が得られるのが嬉しい。

生憎霞んでいるが、赤城山、皇海山、男体山、女峰山などが見える。
日光白根山は真白です。
雪を抱いた赤城山も百名山に相応しい堂々とした山容です。
先日歩いた三毳山も見えます。

 山桜二輪

 大小山に続く稜線は、ちょっとした岩場も楽しい              ▲ ミツバツツジ
                            まだまだ続きます

 
            ヒメハギ                   ミツバツチグリ             ウグイスカグラ

「ここの岩はみんな層になってるけど何で?」
「そうね」
「 ・・・・・? 」

岩が、阿弥陀くじみたいに層になっていて割れている。
これは柱状節理ってやつだ。
でも、ここって溶岩があるような場所なんでしょうか?
まっどっちでもいいことにする。

 層状になった岩が多い

徐々にすれ違う人が増えてくると、最高峰の妙義山が近い。

国土地理院の地図では、最高峰の妙義山を大小山としている。
その南の小ピーク、鷹巣山も大小山と言うらしい。
この辺りが何となく大小山なんだなという認識です。

正午に妙義山頂の計算で登っていたのに、11時45分頃サイレンがなる。
ん? 
私の時計が狂っているの?と思ったら、消防車の音で火事のようでした。

 大小山(妙義山と鷹巣山)

妙義山頂は狭く、夫婦カップルと3人連れでほぼ満席。
マミさんは、伊勢崎からこられた女性と話を盛り上げているようです。

休憩場所を探しに、東に派生する尾根を少し下ってみますがありません。
山頂に戻るとマミさんはまだ話し込んでます。
数人のおばさん隊が到着したので、私達は人の少ない鷹巣山ピークに下ってランチにしました。

近くに陣取った女性二人の会話をラジオ代わりにして、のんびり過ごす。

 満開の桜が白く浮き立ちます

  少し下ると、NHK中継局のある南尾根に下る道とやまゆり学園への分岐に着く。
  大・小の字を眺めるために、南尾根に少し下って小ピークまでピストンです。
  (大小は大天狗小天狗のことで、その昔ここは天狗の住む霊場だったという伝承)
  元の分岐に戻り、今度こそ本当の下山にかかります。

                      左はやまゆり学園に下る尾根と分岐ピーク 右は大小山(鷹巣山)

                         歩いた稜線を眺める(やまゆり学園に下る尾根から)

ヤマツツジや小さなフモトスミレを見つけながらの下りです。
ほとんど下りきった頃、越床峠ですれ違ったご夫婦が登ってきた。ん?
滝のあるコースを下って阿夫利神社に下るつもりだったが、道を間違えて登り返しているとのこと。

私達はいつ追い越されたのだろう?
それにしても速い!
猪突猛進型カップルかい。

そこからほどなく「やまゆり学園」に降り立った。

 ヤマツツジ
 寒緋桜            ▲ やまゆり学園の桜

大沼田町のアスファルト道をポコポコ歩きます。
車を置いた神社に帰って来ました。
やまゆり学園の生徒が、桜の下にシートを広げてお花見をしていた。

一般道を走って、ネットで探しておいた東葉館に寄ります。
桜の下でくつろぐ露天風呂は、超粋超豪華な気分です(^^
温泉は茶色。
貸切に近い静かなひと時です。

 露天風呂を彩る枝垂れ桜

  あとで判ったことですが ・・・
  
この日、石塚さんCoupleと妙義山頂そして駐車場で2回もバッタリミスしていました。
  
その時の頼りない記憶を必死に辿って、頭をかきむしっている今日この頃です。

    大小山の場所
  この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

                             

inserted by FC2 system