2008.11.01                       K2Couple No.0209

大峰山
おおみねやま (群馬県)
1,255m クリックで拡大
雨上がリの尾根歩きで紅葉狩りです

コース最大標高差 : 386
コース累積標高差(+) : 455
コース累積標高差(−) : 455
コース距離 : 6.7 km
行動時間 : 4'35"
               * 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
               * 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません
 大峰沼は静かに、そして神秘的たたずまい

  ■9:20 = 高崎IC = 月夜野IC = 10:25見晴荘登山口p 
  登山口p10:45 - 11:25大峰沼11:35 - 11:50大沼越12:00 - 12:40キレット - 中継塔 - 13:00
大峰山13:15 - 13:25中継塔 - 14:00吾妻耶山分岐 -
  14:10大峰沼(L)14:55 - 15:10古沼 - 15:20登山口p
  登山口p15:30 = 15:50上牧温泉17:00 = 月夜野IC = 高崎IC = 18:05■


  上牧温泉 風和の湯(¥500)

  谷川連峰の南、旧月夜野町と旧新治村の境に位置する大峰山は標高1255m.。麓から望む姿はあまりさえないが、神秘的な大峰沼や、谷川の前山と
  しての眺望など、素晴らしい魅力を持った山である。上越国境稜線にも近いが、比較的天候にも恵まれる。ただ、冬季の積雪は多く、雪解けは4月の中
  旬ころとなる。山頂直下に水をたたえる大峰沼には、珍しい植物が多く、大きな浮島が浮かんでいる。この大峰沼のほとりを彩るレンゲツツジが咲き出す
  初夏のころからハイカーの訪れも多くなる。また、大峰湖畔ではバンガローやテントでのキャンプ生活を楽しめる。なお、大峰沼の東南にある古沼は、モリ
  アオガエルの樹上産卵で有名。この大峰山へのハイキングコースは朝早く歩き始め、林間の小鳥のさえずりを楽しみたいコースでもある。山頂にはテレ
  ビの中継アンテナがあり、やや目ざわりに感じられるのは残念。
                                                                                           上毛新聞社 『群馬の山歩き130選』 より


  明日の方が天気が良さそうだし、風邪を引いているので今日は休養日と思っていた。
  朝食用にホットケーキを焼いていたら、のんびり起きてきたおいちゃんが「紅葉を見に行こう」 だってさ ・・・ いきなり。
  大峰山は山ヒルが生息する嫌らしい山なので、秋に行こうと決めていた山だから許すことにします。
  という訳で、慌ててホットケーキと荷物を詰め込んで出かけます、で〜超超遅い出発。
  私的には明日皇海山に行きたかったんだけどね(^^


高崎は晴れていたのに、関越道に乗ると谷川方面は雲がかかっている。
嫌な予感。

子持山にが掛かって、赤城高原では雨が落ちてきた。
南は晴れているので、陽は射している変な天気です。
ゴホゴホマミさんは余り気乗りしないようですが、とりあえず登山口までとか言って車を走らせる。

月夜野でも雨は降っている、嫌だな〜。
登山口駐車場にはトイレもあり、先客が一台。

▲ 見晴荘の上の駐車場

風邪をこじらせるといけないから、車で留守番してる?
どれくらいで帰ってくるの?
3時間くらいかな。
・・・。
ゴホゴホ咳をしながら、根性で山支度をするマミさんです。

K2隊+REIREIは合羽を着て出発します。
今日は無理しないからね。

▲ 林道アプローチ

傘をさして林道を緩やかに登ります。
道端の木々はまだなんとか黄葉が残っているが、陽が射していないので今一パッとしません。

大峰沼キャンプ場に近づくと、中年のカップルがビニール袋に茸を入れて帰ってきた。
本日の遭遇者はこの二人だけだった。

▲ バンガローも朽ちかけています
クリックで拡大

キャンプ場は見るからに立派な施設ですが、現在は放置されている。
ジュンサイの葉を敷き詰めた沼の中ほどに、日本で最大らしい浮島が見える。
周りを取り囲む木々の紅葉も絶妙です。

沼に着いたら、大峰山まで行こうと言い出すおいちゃん。
それにしても、天気悪いなあ〜。

 大峰沼の浮島

                     ▲ この紅葉が見たかったのよ

大峰沼畔の道を辿り、形を変える沼の景色を楽しみます。
そして沼から離れ、急な丸太の階段を登る。
林間のせいか、雨は小降りに。

稜線(大沼越)に出ると、反対は湯宿温泉からの道だった。
群馬サイクルスポーツセンターはすぐ下にあります。
樹間から見下ろす大峰沼は大分小さくなった。

 大沼越をめざして急登する

ここからは気持ちの良い稜線漫歩、落ち葉の道は大好き。
ときどき雲が切れて暖かい陽が差します。
光を反射して燃え上がる紅葉 ・・・ でも、すぐ翳る。

月夜野側から蒸気機関車の汽笛が響いてきます。
D51だろうか。
新幹線上毛高原駅にD51-745が飾ってあった。

左遠くにはスキー場が見える。
何処だろ?

 紅葉が映えます
                              ▲ 落ち葉を踏みしめて

月夜野側から蒸気機関車の汽笛が響いてきます。
D51だろうか。
新幹線上毛高原駅にD51-745が飾ってあった。

左遠くにはスキー場が見える。
何処だろ?

 すんばらしぃ             ▲ キレイやね〜

      ピカリ♪さんの真似ですよ(^^;                       紅葉の尾根歩きはフカフカの落ち葉の道

クリックで拡大

青空が広がってきたような。

キレットの手前で、大峰山が前方に姿を現します。
そしてキレットの急降下と登り返しをしなければなりません。

 大峰山

長〜い階段を下りて、また階段を登るようになってました。
しっかりとした立派な階段ですが、ほんとに長いねえこれ。

 下り始めは慎重に
              ▲▲ 以前はクサリを頼りに下ったが、今は長〜い階段を下る(写真に納まらないでしゅ)

再び緩やかな尾根の遊び歩きになり、そろそろお腹も空いてきた。

最初の電波塔を過ぎると、大峰沼への分岐に出る。
ここから大峰山頂までは、いくつかの電波塔が建ち並んでいます。
このアンテナ群が電波社会を支えている。

木の間から右後ろに赤城山がシルエットになって見えます。

 最初の電波塔

喜んだのも束の間、山頂手前でにわかにガスが出てきます。
また雨が降ってきた。

鉄骨二階建ての展望台らしきものがありますが、何も見えそうにないのでカッパだけ着てスルーします。

山頂に到着。
簡単な標識と三角点はあるけど、全然山頂という感じではありませんよ

 ガックリくる大峰山頂上

午後から回復するという天気予報も、ここでは通用しません。
やっぱり明日の方が良かったじゃん ・・・

そろそろ引き返す時間ですから、吾妻耶山は楽しみに取っておくことに。
辺りは真白なので、電波塔の分岐まで戻り大峰沼に下山します。
大峰沼でお昼にしよう。

ジグザグに下る急斜面も嬉しい紅葉です。

 急斜面をジグザグに下る

下りるにつれて、また少しずつ明るくなってきた。
変な天気!!

わぉ〜
上牧方面にくっきりと虹です。
今日これで二度目だよん。
きっと何かいいことあるぞ〜〜。

 大峰沼に下る斜面も紅葉真っ只中でした
                           ▲ 雨が上がって嬉しいレインボー
下りながら地図を見ていたおいちゃんは、いきなりスッテン
持っていた傘の先が折れ曲がってしまいました(^^;

ちなみにREIREIと私はセーフ。
でも ・・・ ズボンの裾が泥んこ汚れです。

 いいねえ
クリックで拡大

誰もいない沼に戻ってベンチに食料を広げる。
見上げる空は真っ青の秋晴れです。
開放的なそして静かな時間がゆっくりと流れたのでした。
カラマツの枯葉が午後の陽を浴びて、雪のように降りそそぐ光景。

 大峰沼ベンチで会心のランチ休憩  紅葉とカップラーメンの豚さん

途中で、モリアオガエルの樹上産卵地で有名な古沼に寄り道です。
その後は競争で下る。
三連休だというのに、登山者のいない静かな静かなお山でした。

車で上牧温泉に移動中、赤城山や上州武尊山が見えました。
武尊の山頂は雪を冠って白くなっています。
夕べは雪が降ったようですね。

名前は知っていたがまだ未体験の上牧温泉風和の湯に寄り、暗くなった関越道を帰ってきました。
極細の三日月と一番星にずっと見守られて ・・・

 上州武尊山

    大峰山の場所
  この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

                          

inserted by FC2 system