2009.04.11                       K2Couple No.0223

平標山
たいらっぴょうやま (群馬県・新潟県)
1,983m クリックで拡大
残雪の谷川連峰、絶景展望

コース最大標高差 : 1,005
コース累積標高差(+) : 1,045
コース累積標高差(−) : 1,045
コース距離 : 9.6 km
行動時間 : 10'10"

               * 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
               * 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません

 稜線にて(backは小出俣山)

    4:40 = 高崎IC = 月夜野IC = 6:05火打峠元橋p
    元橋p6:20 - 8:05平元新道登山口8:15 - 尾根上(L1) - 11:00稜線P1776(L2)11:30 - 12:30
平標山12:40 - 14:20松手山(L3)14:40 -
    15:15鉄塔15:30 - 16:40元橋p

    元橋p16:50 = 17:00雪ささの湯17:50 = 月夜野IC = 高崎IC = 19:15


  苗場温泉 雪ささの湯 (¥800)

久しぶりの早発ちなので、前夜は珍しく11時過ぎに就寝。

朝4時過ぎに起きて支度をします。
おにぎりと掻き菜のおひたし、ジャムパン、どら焼き、コーヒーとカップラーメンを用意しました。

外がまだ暗いうちに出かけるのは久しぶりです。
関越自動車道に入ると、首都圏からの車がどんどん走ってきます。
西の空にはまん丸いお月様がありました。
徐々に赤城の山の端が染まってきます。

 関越道より赤城山の夜明け

登山口の駐車場には先客の車が数台停まっていましたが、山スキーを抱えている人が多いようです。

車の中で登山者カードを書いたけど、入れる箱がありません。
トイレもまだ使えませんでした。

さて私達も準備をして出発します。
気温は2℃で暖かく、手も冷たくありません。

 火打峠元橋の登山口駐車場

駐車場を出てすぐ 松手山の鉄塔がどうのこうのとおいちゃんに話しかけられ、ちょっとよそ見をした途端にドタッと派手に転んでしまいました(^^;
雪道の中に石?岩?があって出足不調(涙)

うんもう、余計なこと言わないでよ
えっ、俺のせい?
すまん。

 送電鉄塔

別荘地最奥から雪の壁になっています。
雪が結構斜めになっていたので、ここでアイゼンをつけました。

ふと沢を見下ろすと、ピンクのリボンが木に付けられている。
別荘地を通らない道というのはこれだな ・・・ という訳で沢沿いの道に下りたらこれが失敗、雪がズボズボで

思いがけない時間のロスです(^^;
橋の手前まで何とか頑張って林道に戻った。

 河内沢の中で右往左往

前回は道端でフキノトウを採りながら歩いた記憶があるのですが、林道は完全に雪に覆われています。
この道は平元新道の登山口まで遠いのでいつも嫌になります。

途中から踏み抜きが多くなったのでワカンを付ける。

 後には苗場山が見えてきました
クリックで拡大

平元新道登山口には、道祖神と詩の彫られたほのぼの石がありますよ。

「 満天の 星降るごとし 登山小屋 」 静雄

 登山口

夏道はここから右に登って行きますが、きょうは稜線上のP1776から南西に派生する支尾根に取り付きます。

残雪の平標山は今回で3回目。
最後は5年も前なので、雪の標高差1,000がチョッと心配です。
四月に降った雪が結構多く、しかも数日前からの異常高温で状況は悪い。

 冬ルートの取り付き
クリックで拡大

展望のないブナの林を登って行くと、徐々に傾斜が増して汗だくでしゅ。
きょうも夏日になる予報です。(下界では28℃とか言ってた)

 稜線まで急登の連続
クリックで拡大 クリックで拡大
 稜線まで急登の連続          稜線まで急登の連続

雪山とはいえ陽射しが強く暑い。
ブナの梢を透かして、雲一つない青空が広がっています。

 小屋の標高まで届いてないよね(back大源太)

雪が異状に柔らかい。
ワカンを付けて踏み抜くと、それはもう悲惨で足が抜けません。
最後は手で引っ張って抜くはめに ・・・
ワカンをはずす。

Tシャツ一枚です。
振り返ると苗場山の個性的な稜線が綺麗。

いきなりシャリバテになり、おいちゃんはおむすび、私はパンを食べますよ。
誰にも会わない二人だけの尾根上です。

 苗場山

 
 1600M付近、だいぶ登ったぞ(苗場、佐武流方面)

それにしても急やね、下が見えん。
ここは下りたくないな〜と思いながら登ります。
この暑さでここまで登っても雪が悪く、ヤカイ沢に入った人達は大丈夫だろか。

あと1ピッチで稜線というところで、若い男女が追いついてきました。
若い人は元気がいい。

 もう少しで稜線だね

遮るものがなくなり、青空が大きく広がってきます。
最後の急登を頑張るとついに稜線です。

新装成った山の家が下に見えた。

 ついに稜線到達
クリックで拡大

そして、素晴らしい眺めが待っていました

正面に谷川連峰最高峰仙ノ倉、横に上州武尊、上州三峰山、赤城山、奥には袈裟丸かな。
そして榛名山、浅間隠山、浅間山に苗場山。

 仙ノ倉とエビス大黒ノ頭、遥かに上州武尊
クリックで拡大

平標山は真っ白で大きい。
しかし平標山の稜線は細長く張り出しているので、何回も騙されながら山頂をめざします。

ここら辺も踏み抜きが多く、しかも股まで踏み抜いた足が下に届かないので、這い上がるのに体力の消耗戦です。
もう少しで山頂なのに、遅々として進まず焦りの色が ・・・
でも空は真っ青、山は真白。
景色を楽しみながらゆっくり登ろう。

 山頂が見えたと思ったのに ・・・
クリックで拡大

面倒なことに、またおいちゃんが腹減った騒ぎを起こす。
はいはい。
今度はおいちゃんはジャムパンとコーヒー、私はどら焼きとコーヒーで大展望休憩突入です。

 大源太と小出俣山の間に吾妻耶山

ようやく先が見えてきた。

 ほら、ね
クリックで拡大
 あっせあっせ、もう少し           雪解けの進む仙ノ倉山
                            ▲ 最高の登山日和と言うか暑さ^^;

やっと山頂につきました。
目の前に広がる素晴らしいパノラマにうっとり。

やった〜。
苦労した甲斐があったね。

 山頂ツーショットです

平標山には4回登っているけど、谷川連峰がこんなに綺麗に見えたのは初めてです。

山頂にはザックが固めてデポしてあり、仙ノ倉山へ行ったようでした。

 日白山、タカマタギ方面をbackにもう一枚
クリックで拡大

登りに予想以上の時間がかかってしまったので、山頂ではザックを下ろさず立見で済ませます。
松手山の下りが心配だしね。

 東谷山、日白山、タカマタギ

 クリックで谷川岳主峰を拡大します
 谷川連峰まるごといただき (OnClickで 谷川岳主峰付近拡大)

 
 大満足して山を下りるおいちゃん

クリックで拡大 クリックで拡大
 一の肩辺りを行くマミさん            ここの展望もいいね

左のヤカイ沢は、一気に切れ落ちた雪の斜面なので慎重に歩きます。
でもやっぱり時々ズポッと落とし穴に嵌り難儀しますよ。

ここで谷川方面の展望ともお別れ。
今度は最後まで苗場山を正面に見ながらの下りです。

お花畑へ。 咲いてないけど(^^;
クリックで拡大

急斜面だったり雪庇が張り出していたり、雪がぱっくりと割れていたり気が抜けません。

クレパスになっているところは、いずれ雪崩て春の花が咲くのでしょうね。
数箇所ありました。

 ワレメです
クリックで拡大
 松手山の雪庇が見えてきました             でっかい

クリックで拡大

木の回りにできる雪の融けた穴を覗いて見たら底が見えません。
こりゃ絶対6メートル以上はあるよ。
もし落ちたら、置いてくよ(こわ〜)。

松手山で山頂の見納めを兼ねて、3回目のランチおむすびを食べる。
二人っきりで誰もいません。
寂しい〜。

松手山から下は腐った雪と藪との戦いです。
雪もぐれ藪もぐれ(^^;

 松手山頂から平標山

 
 終日の好天に感謝

松手山の尾根は眺めはいいのですが、道はハチャメチャです。
急斜面の上に、ズボズボズボッ。(何回言ったっけ?)
雪庇も微妙に怖いし。

鉄塔で休んでいると若い男性二人組が下りてきた。
何気に心強い。

 松手山の巨大鉄塔基部

車の音が聞こえるようになれば、あと標高300程の下りで駐車場です。
最後まで気を引き締めて、怪我をしないように ・・・

若い二人組も、楽しそうに賑やかに下ってきます。

 鉄塔から下は夏道も出てきます

駐車場の横に鐘がありました。
控えめに小さく鳴らすマミさん。

8時間くらいのつもりだったのに、10時間超になってしまいました。
いつものようにの〜んびり休んだわけじゃないのに ・・・

春先に何度も雪が降ったので、雪は想像以上にあった。
雪が腐って効率の悪い歩きを強いられた。
そんなこんなで予定時間オーバー。
登山には厳しい雪の状況です。

 何の鐘かね

駐車場には、まだ思ったよりたくさん車がありました。
たぶん、みんな苦労してるんだよという結論。
温泉は、以前おいちゃんが一人で経験済みの苗場の「雪ささの湯」。
茶色い温泉でアトピーに効くようです。

関越自動車道は混んでいるかと心配しましたが、スイスイでした。
暗い内に家を出て、暗くなって家に帰ってきました。
良く遊んだな〜の一日。

 元橋駐車場のトイレ閉鎖中


 この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

  平標山の場所         

inserted by FC2 system