2000.06.24   K2Couple No.0022

志賀山
しがやま (長野県)
2,036m
梅雨時は展望よりも花がメイン

  ■6:50 = 8:30草津温泉 = 9:20硯川p
  前山リフト9:40 - 9:50渋池 - 10:10分岐 - 10:35四十八池(L)11:10 - 11:50
  裏志賀山分岐 - 12:00コル(釜池) - 12:20
志賀山12:25 - 12:55分岐合流 -
  13:20渋池13:30 - 13:50硯川p

  
硯川p14:00 = 14:45七味温泉15:35 = 16:50鳥居峠 = 北軽 = 18:50藤岡
  19:20 = 優曇華 = 20:30■
南志賀温泉郷 七味温泉 元湯紅葉館(¥400) ▲ 渋池はほんとに静かなとこです


  朝、目を覚ますと予定通り(?)霧雨が降っていたが、空模様のことなどお構いなしに出かける。
  草津から先の志賀高原ルートは濃いガスに包まれて、10bくらいしか視界がきかなかった。
  深い霧の中から対向車が突然出て来るので、びっくり緊張する。
  マミさん運転。

  渋峠を越え横手山エリアに着くと、長野県側は切れぎれに視界が開け、青空がのぞくほどの好天気じゃありませんか。
  傘をさして歩く覚悟がどっかにとんで行ってしまった。
  はれおとこ? はれおんな?

  竹の子(根曲がり竹)狩りの人たちが道端にズラズラ車を停めて、長靴を履き身支度に忙しい。


硯川に到着すると、何はさておき前山ペアリフトに忙しなく乗り込む。
ハクサンチドリが可憐に咲いていた。

前山は白い絨毯を敷き詰めたように、ワタスゲが一面に咲いていてなんともかわいい。
それほど広くはない草原をとり囲むように、針葉樹林の緑とワタスゲの白が素晴らしくマッチしている。

渋池は静かなたたずまいに、二羽の鴨が遊んでいた。
平和でのどかな光景。
オオシラビソとの組み合わせが絶妙で心が洗われる。

 いろんな花が咲いているね 

四十八池湿原の木道脇には、湿原の花ミズバショウが咲いています。

湿原の端、志賀山の登り口の休憩ポイントに設えてあるこしかけで、ちゃんとした食事をする。
山を楽しむ登山者と、山で仕事をするプロ山菜取りの人達が半々ですね。

 四十八池 

志賀山の登りは短いが、傾斜がきつい。
視界はガスに覆われてすこぶる悪し。

裏志賀山は登ってもしょうがないような気がしたので、迷わずカットした。

 サラサドウダンツツジ
 ゴゼンタチバナ       ▲ ウラジロヨウラク(ツリガネツツジ)

コルまで下って志賀山に登り返すことになるが、コルには小さな残雪があり、ここから静かで深く澄んだ感じの釜沼が見下ろせる。

志賀山頂を超えてしばらく行った所に、立派な方位盤が設置されていた。

木の根っ子と大きな岩の歩きにくい道、雨後の滑り易すそうな道をバタバタ下ると、あっという間に今朝分岐した地点に合流です。

特に印象に残る山歩きではなかったが、のんびり歩けたのは確かだ。
これでいいんです。
下りはスキーゲレンデに沿って、大回りをして駐車場に着いた。

 スキー場上部に帰ってきた 

よその夫婦から情報を仕入れた結果、熊の湯温泉はやめにして、南志賀(高山村)の七味温泉に向かうことにした。
山の上の細い道で、またまた緊張します。

4軒の宿の内、とっつきの元湯紅葉館におじゃまする。
宿自慢の洞窟野天風呂は女湯だった。
男は普通の野天風呂ですよ。

万座と同じ白濁湯だ。
セミの鳴き声が断続的に響き、気分はすっかり夏の昼下がり。

この時期、山菜取りシーズンでどこも路肩駐車が多かった。
5本ゲットした竹の子。
山ふき。
山田牧場のわらび。

 七味温泉 紅葉館にて 

ノウゴウイチゴ           ▲ アカモノ                     マイヅルソウ
          ハクサンチドリ                  ヒメシャクナゲ                    ヤマオダマキ

  須坂に出て信越道で帰るつもりでいたが、真田町から菅平、鳥居峠経由長野原にルートをとる。
  ちょっと古くなったが、高性能のマミナビが威力を発揮した。

  鳥居峠を越えて群馬県に入ると、まるっきり朝と同じ濃いガスに包まれていた。
  帰路を急いだ。
  今日は忙しいのだ。
  藤岡で今日の写真をDPEし、衆議院選の投票所南コミに駆け込む。
  バイパスの優曇華に入り、志賀山の写真を見ながら楽しい夕食を囲む二人であった。


  地図表示 MapionBB               

inserted by FC2 system