2009.12.20                        K2Couple No.0253

地蔵岳
あかぎ じぞうだけ (群馬県)
1,674m
ちょっと赤城の様子を見てこよっと

コース最大標高差 : 185
コース累積標高差(+) : 185
コース累積標高差(−) : 185
コース距離 : 1.5 km
行動時間 : 2'40"
               * 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
               * 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません
▲ 電波塔建ち並ぶ地蔵岳山頂

   8:25 = 前橋 = 9:40八丁峠
   八丁峠 9:55 - 10:20
地蔵岳(L1)11:15 - 11:35八丁峠
   
八丁峠11:40 = 11:45覚満淵(L2)12:25 = 13:15忠治温泉14:05 = 15:05


  赤城温泉郷 忠治温泉 旅籠 忠治館 (¥500)

  ここ数日は、日本列島に寒波が押し寄せて寒い日が続いている。
  「霧氷を見にいきたいね」と言って寝たおいちゃんですが、朝起こすと風邪気味で頭が痛いから中止とのこと。
  中止ならのんびりしよっとテレビを見ていると、8時過ぎに起きてきて「霧氷を見に行くか」ですって。


超特急で仕度を済ませて、出発です。
夕べの段階では荒船山という案もありましたが、これは消えた。

遅い出動なので、とりあえず赤城に向かいましょう。
気ままさんが『赤城の雪の面白さを味わってみませんか』って言ってるし。
昨日の「赤城の詩」さんの荒山の霧氷を見て、行きたくなりました。

 前橋に向かう道から赤城山

ところが、鍋割山にも荒山にも霧氷のムの字もありません
上まで行ってみよう。
姫百合駐車場もガランとしていて、この時期としては寂しいです。
箕輪を過ぎると、道路は白く凍結していました。

黒檜山の山頂から斜面にかけて、霧氷で白くなっている。
でも黒檜は先日登ったばかりなので、また登るってのもねえ。
八丁峠の様子を見てこよっか。

 黒檜は「そこそこ霧氷」

ということで、地蔵岳か長七郎にする。
霧氷は見えないけど、簡単に登れて展望はすこぶる良い。

きょうは30分で登って30分で下って温泉にしよ。
そうしよそうしよ。
こんなんで山登りとしてカウントしていいんだろうか

見上げると何か、秋の地蔵岳みたいなんだけど(^^;

 八丁峠に駐車

それでも、登山道には雪があります。
パウダースノーでサクサクです(^^
積雪量は少ないけど、歩く度にグキュッグキュッと快い音がします。
片栗粉みたい。

栃木の単独男性が下りてきました。
最高の景色ですよって。

 階段の登り

陽光に照らされた雪の結晶が、キラキラ踊って逃げてゆきます。
うわ〜キレイやね。
何か踏みつけたら勿体ないほど奇麗でしたね。

10時を廻っているけど、まだまだ気温が低いのかな。
でも見上げる空は真っ青青。

 雪が立ってる

後ろを振り返りながら、快調に登ります。
小沼は完全に凍結したらしく、氷の上に雪が積もって白くなっている。

遠くには、双耳峰の筑波山が鹿島槍みたいに一際目立っていました。
この冬行きたい百名山です。

 遠くに筑波山

                     袈裟丸山の左に見えるのは日光の男体山でしゅ

山頂直下からは、富士山 も大きく見えていました。
綺麗な富士山ですが、魔の山ですね。

昨日、片山右京さんのパーティーが遭難したニュースが流れて驚きました。
二人の若いメンバーが亡くなったらしく、気の毒に思います。
気象条件が悪すぎましたよね。
引き返す勇気が大切。

 またまた見えた富士山

わずか30分の登りですが、暖かい陽射しいっぱいで汗が出ました。

山頂部では名残の霧氷が出迎えてくれます。
おいちゃん良かったね ・・・ 霧氷が残ってたよ。

 はい、山頂に着きました

山頂には渋川の単独男性だけですが、わんちゃん同伴でした。
とても人なつこい犬で、私に付きまとって離れません。
男性が気を使ってましたが、私はいんですよ犬大好きですから。

昨日の霧氷は素晴らしかったと、デジカメの写真を見せて下さいました。
霧氷がきれいだった代りに、風が強く展望はダメだったとか。
きょうは風もなく素晴しい眺めだが、霧氷は着かなかったみたい ・・・

それにしても、二日続けて登るとは素晴しい気力ですね。

 展望に酔うはらっぱさん

                            ▲ 地蔵岳山頂から望む赤城大沼と外輪山 そして北の山稜

                                         ▲ 越後方面アップ


 ばかっぷる

                           ▲ 新坂平方面からの展望

まとまりのない私達はてんでんバラバラ
勝手に右へ行ったり左へ行ったり(笑)
広い山頂を駆けまわって 充分展望を楽しみました。

暖かいです。
これまたてんでに、コンビニのおむすびを頬張ったりパンに食いついたりしながら、いつまでも霧氷越しの山の景色を堪能するのでありました。

 北の山並み

下る頃には雪が大分緩んできましたね。

富士山を見るために寄り道しました。
真白な小沼と長七郎が、山芋をゴリゴリしたすり鉢のようになっています。

関東平野の彼方に見えるゴツゴツは、新宿副都心のビル群だって。
山頂の渋川の男性が言ってました。
拡大して確認したので間違いないそうです。

 小沼に向かって下山します

下山してもたっぷり時間があるので、覚満淵でも散策しましょ。
ここも真っ白です。

誰もいないね。
ベンチの雪を払って、並んで腰掛ける。
お汁粉とおむすび休憩。
今度はピッタリ息が合ってるじゃん(^^

 覚満淵

覚満淵のほとりには立派な石碑が建っていました。
今まで傍に行ったことがなかった。
なんと、昭和58年に覚満淵を散策された昭和天皇の句碑でした。

碑文 ・・・
  「 秋くれて 木々の紅葉は 枯れ残り さびしくもあるか 覚満渕よ 」

う〜ん!天皇陛下って孤独やね〜

 ふむふむ

はいはい温泉ですよ。
今回は、山というよりも温泉。
時間の余裕があるので、忠治温泉まで走りましたよ。
冬季は八丁峠が通行止めなので、ちょっと遠回りですが ・・・
近道見つけたし

 忠治温泉

      地蔵岳の場所
   この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

                           

inserted by FC2 system