2010.02.07                        K2Couple No.0255

掃部ヶ岳 天目山
はるな かもんがたけ てんもくさん (群馬県)
1,449m
       掃部ヶ岳 1449m 天目山 1303m
寒気の流れ込み厳しく ・・・ 吹かれる

コース最大標高差 : 359
コース累積標高差(+) : 665
コース累積標高差(−) : 665
コース距離 : 4.9 km
行動時間 : 5'20"

               * 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
               * 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません

▲ 氷室山の登りから掃部ヶ岳を振り返る

   7:20 = 室田 = 9:20榛名吾妻荘
   榛名吾妻荘9:35 - 10:40
掃部ヶ岳(L)11:20 - 11:50吾妻荘
   
吾妻荘12:00 = 12:10市営駐車場
   
市営駐車場12:25 - 13:15氷室山13:20 - 14:15天目山14:25 - 14:45七曲峠14:55 - (自動車道)- 15:30市営駐車場
   市営駐車場15:40 = 15:55ハルナ温泉スパハウス16:50 = 室田 = 17:40


  ハルナ温泉スパハウス(¥500)

クリックで拡大

昨日土曜日は根子岳にスキー山行の予定だったが、冬将軍様に降参。
一夜明けても状況は厳しい。
新潟などは、二十数年ぶりのドカ雪らしい。

さてどうしよ。
困った時は迷わず近場のお山です。
榛名が手招きしています。

 R17R18分岐付近より榛名山

高崎市街を抜けて里見に入ると、白い街並みに一変しました。
前夜に降ったらしい。

衝突事故もあって、パトカーが出張ったりしている。
榛名神社の上で除雪ブルを追い越したら、そこから先は別世界です。
まっさらな雪の上を泳いで進む感じかな。
ところどころに動けなくなった車が乗り捨てられています。
ここは榛名の筈なのに ・・・ 凄すぎ。

 また放置車両だ

おいちゃんも慎重に進みます。
昔鳴らしたテクニシャンでも緊張している気配です

きついカーブでは苦戦しましたが、お尻をフリフリ榛名湖に着きました。
冬の榛名湖で、こんなことは経験ありません。

空は真っ青。
掃部ヶ岳バッチシ。

 掃部ヶ岳お化粧

いつも停めている町営駐車場(今は市営)は雪で閉ざされています。
吾妻荘に相談に行ったら、支配人の許可をいただきました(^^
ここでも小さめのブルで除雪作業中です。

これ全部、昨日一日で積もったんですよ。
はあ〜、大変ですね ・・・ じゃっ、お願いしますね。

 吾妻荘は除雪作業中です

私達が駐車騒ぎしているときに、入山するpartyが見えました。
しっかりトレースが付いています。
積雪は40〜50cmくらいあって、サラサラの新雪です。

忠実にトレースを辿って、稜線の分岐(夏道)より少し左に上がりました。
面倒いので、硯岩はパスしよ。
最高の雪質ですよ
るんるん歩き。

 この雪の感触 ・・・ いいよね

 
         ▲ 少しずつ急に                 ▲ きれいな雪やね             ▲ 青空に白が映えるね

雪の下に丸太の階段が隠れていて、その上に足を乗せるとズルッと滑ったりオットットになったりで歩き辛いです。
去年までとは勝手が違います。
何でこんな階段にしちゃったんだろ。
登山道の整備って、階段作ることだけじゃないだろうにね

左側に杭が連なり、真新しいロープが張ってありました。
杭の上には可愛い綿帽子 ・・・ まわりは白一色の童謡の世界。

     ♪ 雪やこんこ 霰やこんこ 降っては降ってはずんずん積もる
       山も野原も綿帽子かぶり 枯木残らず花が咲く ♪

 新たに整備された道
クリックで拡大

中間地点で、先行party5人(♂1♀4)が休んでいました。
冬装備なので顔は分かりませんが、聞き覚えのある声です。
「高山さん?」 ・・・ やっぱりそうでした。

三年前には五龍岳でバッタリしたので、なんと二度目ですよ。
軽くおしゃべりをして、ここからは彼等に続いて登りました。

 5人partyが賑やかに登ってゆく


  突然ですが ・・・
  ここで長野の息子からの携帯メールをキャッチ。

  孫達が庭で雪遊びをしている写真を送ってきた。
  見事な「かまくら」です。

  息子にしてみれば ・・・
  『親も子供も雪遊びなんて信じられへん

 
     ▲ 自画自賛の最高傑作 「かまくら」

クリックで拡大

山頂に着いても展望はイマイチです、晴れの予報だったのに〜
基本的には晴れていますが、雪雲が押し寄せてくる訳でして。
皆はすぐに下山して行かれました。

杖神峠(西峰)方面は雪で真白です。
あの中を歩いたら、おとぎの国のようでしょうね。
行ってみたいけど風が強いです。

また昔のように素敵な景色に逢えるでしょうけど ・・・ 行かないよ。

 西峰方面は真白だよ

はらっぱさんの髪の毛からツララが下がっていました。
汗が凍ったのです。
何気にクリスタルヘアー。

誰もいなくなったところで、恒例のオチャラケ写真を撮って退散。

山頂直下の見晴らしの良い場所でミニランチ休憩します。
晴れているのに雪がちらついてきました。
榛名湖は一番寒い筈のこの時期に全面凍結していない(沼ノ原方面がダメ)ので、氷上ワカサギ釣りは今年も無理かもですね。

標識とおいちゃんと三角点のトライアングルパワー

                    榛名最高峰から眺めるお馴染みの絵

私はソリを持ってきたので チョッとだけシリセードしながら下りました。
おいちゃんから軽蔑光線を浴びせられます。
やばっ。

振り返ってみたら、なんだおいちゃんも真似してソリなしで滑ってた。
ソリくらい持って来ればいいのに ・・・

上手く滑れる筈も無い。
「やってらんね〜」とか言ってる。
おいちゃんのプライドがチラチラ。

 ある意味強引なシリセーダー

吾妻荘に帰ってきました。
私達が遊んでる間に、スッカリ除雪も済んでますがな。

義理でもここの展望風呂に入らなければいけないところですが、お礼を言って転戦します。
きょうはもう一つ登りたい山があった。
未踏の天目山です。

 除雪された榛名吾妻荘

                         移動中の車窓から榛名富士ですよ

榛名神社の道から上がった所の湖畔の市営駐車場に停めます。
掃部ヶ岳がクッキリ見えました。

ここも除雪作業中。

 市営駐車場から掃部ヶ岳

あちこちからブルの音が聞こえてきました。

駐車場には車はなし。
誰もいません。

 ポツンと一台置かせていただきます

市営の無料駐車場から天神峠の登山口を探しながら車道を歩きます。
峠の手前に関東ふれあいの道の道標を見つける。
こちらはトレースがありません。

 ここに踏み込むの (^^;

車道脇でワカンを着けて突入です
サラサラの雪なのでワカン効果はちょっとね。

積雪は50cmはあり、膝までしっかり埋もれてしまいました。

 元気いっぱいのはらっぱ

取り付きの急斜面をうんこらうんこら登ると、広い場所に出ました。
天神峠から車で上がれる駐車場のようです。
ここは風もなく天国のようなところでした。
こんなところでマッタリランチしたいよね(^^

榛名神社からの登山道もここに出ます。

 天神峠の上の駐車場
 おいちゃんが行きます           ▲ 今度ははらっぱがトップ

ピンクのリボンがいっぱい付いていました。
トップを交代しながら、ラッセル隊は果敢に登ります

どうもこの道は階段が整備されているようです。
雪で隠れているので慎重に足場を選ばないと、板と板の間の落とし穴にズボっと嵌ってしまいます(^^;

 階段がはっきり判る場所もあります

風の通り道なのでしょうか?
湖から強風が吹き付けてきます。
空は青いのに、なんでこんな天気なんじゃ。

雪が舞い上がり、雪煙状態になって飛んでいきます。
最後の急場を登れば氷室山はもうすぐ。

 氷室山直下(後方は烏帽子岳)


氷室山に着きました。
山頂は木が茂っていて樹林超しの眺めなので、欲求不満です。
こんな筈かい。
登りの途中から掃部ヶ岳見えたから許そうかね。(TOPの写真)

掃部ヶ岳で逢った例の5人partyが追いかけてきました(驚)
また逢うなんてね〜。

 氷室山山頂で

階段は怖いので、横にトレースを刻んでコルに下ります。
そして天目山に登り返しです。

風は絶好調に吹きつけてくる ・・・ 寒いなんつうもんじゃない。
鼻水はティッシュ不要、霧吹き状態で飛んでいきます(^^;
ネックウォーマーで顔を覆い、ゴーゴーと風の音だけが響いている。

掃部ヶ岳より雪深く、1メートル以上のとこもありました。
こんな筈じゃないって最初から予感がした。

 雪が飛ばされて ・・・
 それでも登る               ▲ 大丈夫かあ

天目山頂はチョッと広くて、ベンチもありました。
が、なんせ吹きっさらしで寒くて、遮る物もなければ隠れる場所もない。
とりあえず、テルモスに入れてきた暖かいコーヒーとどら焼きを食べます。

担いできたラーメンセットは広げる気にもなりませんし、広げてもお湯が沸かせないかも。
ツェルト持って来なかったし

5人partyは先行して行きました。

 天目山頂で簡単に記録写真

ここを下れば七曲峠、車道に出ます。
私達もしゅっぱ〜つ。
いきなりはらっぱさんがこけました
ここも階段があるようで、足場が不安定です。
雪が締まってくればOKですが、この状況で階段は危ないことこの上なし。

 ぎゃあ〜こけた

 
           風下を歩く                横に掃部ヶ岳を見る                  またかい

新雪を楽しんだり、相変わらず吹かれたりしながら峠をめざします。
榛名でもこんなに雪降ることがあるんだなあ、と感心しまくりです。

思いもよらない寒さだったけど楽しかったね。
氷室山天目山は、展望に恵まれない稜線だった。

雪はとっても暖かいイメージがあるけど、風は大敵だ。
体温を奪うのは風です。

 最後まで風の洗礼を受けました

七曲峠は風もなく穏やか。
峠から榛名湖の登山道標がありましたが、道がはっきりしないし急斜面なので車道を歩いて駐車場まで帰ることにします。

高崎箕郷から上ってくる道も湖畔道路も、結構車の往来があります。
山上の新雪と違って車道はコチコチに凍って滑るので、意外に疲れました。
ここで転んだらカッコ悪いしね。

 七曲峠に着いた

  温泉は私のお気に入りのハルナ温泉にします。
  空いていたので一人のんびり露天風呂に浸かって超極楽でしたね。
  陽が伸びたね〜なんて話しながら、何とか暗くなる前に帰宅できました。

    掃部ヶ岳の場所
   この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

                           

inserted by FC2 system