2010.05.02                        K2Couple No.0270

大峰山 八経ヶ岳
おおみねさん はっきょうがだけ (奈良県)
1,915m
       弥山 1895m 八経ヶ岳 1915m
大峰山脈の最高峰、信仰の山

コース最大標高差 : 815
コース累積標高差(+) : 1,105
コース累積標高差(−) : 1,105
コース距離 : 10.1 km
行動時間 : 7'10"

               * 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
               * 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません

 弥山から八経ヶ岳

  行者還トンネル西p 5:40 - 6:40稜線分岐 - 7:05P1600弁天の森7:10 - 7:30聖宝の宿跡 -8:00(B.F.)8:15 - 8:40弥山小屋 - 8:45弥山神社 -
  8:55弥山小屋 -
9:20
八経ヶ岳(八剣山)(L)9:55 - 10:20弥山小屋10:25 - 11:20展望良好11:30 - 11:55下降点分岐 - 12:50行者還トンネル西p
  
トンネルp13:05 = 14:15下市温泉15:00 = 16:30高野山散策18:30 = 橋本 = 羽曳野IC = 大阪吹田JCT = 小牧JCT = 藤岡IC = 26:40


  奈良県吉野郡 下市温泉 秋津荘明水館 (¥500)

  大峰山はわが国で最も古い歴史を持った山である。この山についての古記録は、枚挙にいとまがない。昔は山中に金を産するというので、金岳と呼ばれ
  た。それが金峰さんとなった。甲州の金峰山、肥後の金峰山、その他諸国にある金峰山は、みなこの本山から蔵王権現を分祠して名づけられたものであ
  る。(中略)いったいその金ノ御岳とは、今のどの峰を指すのであろうか。大峰山脈は大和の国のほぼ中央を南北に走る脊梁であって、長さ約百キロにわ
  たる。そしてその間に主なピークや峠が三十ほどある。いま多数の人が大峰詣りとして登山するのは、その中の山上ヶ岳であって、信仰を現す多くの石
  碑が立ち並び、頂上には金剛蔵王権現を本尊とする大きな本堂がある。そしてこの峰だけは今なお女人禁制である。大峰山の代表と見なしていいだろう。

                                                            
深田久弥 『日本百名山』 より抜粋


シュラフに入って、上にダウンの布団を掛けて寝ましたが、寒くて目が覚めたのが夜中の1時半。
足元にホカロンを入れてみても、もうお目目パッチリ、おいちゃんのイビキを聞きながら夜明けを待ちます。

5時においちゃんを起こす。
おいちゃんがお湯を沸かしてくれて、熱いコーヒーが美味しかった。
でも、直ぐに冷めてしまう冷え込みです。

 行者還トンネル横の滝

ぼちぼち登り始める人が出始めたので、私達も続きます。
正面の山の稜線に日が当たって明るくなっている。
大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)の案内看板あり。

あの稜線までの急登が、きょうの第一関門。
標高差400m。
あとは楽勝のはずです。

 稜線に陽が射し始めた

木の三角吊橋を渡って、いよいよ急な登りが始まります
ミツバツツジが彩やかな色で迎えてくれます。




 足元には、ミヤマシキミも咲いて
 いました。

 おもしろい三角吊橋        ▲ ミヤマシキミ

登りやすいような登り難いような木の根が張り出した急登です。
朝から結構なアルバイトを強いられる。

フウフウ言いながら登りますが、急登なので高度を稼ぐのも早い。
たちまち上着を脱ぐ

 急登の始まり

上の主稜線は世界遺産に登録された「大峯奥駈道」
日本独自の山岳宗教「修験道」の開祖・役の行者が白鳳時代(紀元7世紀)に開いたと伝えられ、吉野と熊野の二大修験霊場を結ぶこの道は、修験者(山伏)にとって最も厳しい修行の道場とされていた。

「・・・・・」無言。

 根っこ登りが続く

頑張って稜線に出ました。
稜線伝いに来る道(修験道)を合わせ、格好の休憩場所になっている。
休憩してる人がいますが、我が隊は休みません。
さっき休んだばっかだし(^^;

東には、昨日登った大台ヶ原が見えます。
稜線の北東には、特異な形をした行者ヶ岳が近い。

 稜線に辿りつきました
 ちょっと明るい感じの道もあります         ▲ 苔むした林床が見られる

1600mポイントを通過。
ここは弁天の森と命名されている場所みたいです。

 弁天の森(P1600)

この辺りは、バイケイソウの葉っぱが沢山出ています。

でも他の花や葉っぱは全然見られません。
多分鹿が皆食べてしまって、毒草のバイケイソウだけが残ったのです。
かな?

 バイケイソウの道

少し下り気味に進むと小広い展望良好な場所に出て、目の前に弥山が大きく姿を見せました。
山頂の小屋も見えます。
標高差350m。

さ〜頑張ろうぜ
その前に一息入れます。

 弥山小屋が見える

 
 八経ヶ岳と弥山

聖宝の宿跡です。
昔、修験者の宿があった場所なのかもしれません。

休憩している行者像がありました。
高下駄を履いてますけど、これじゃ危なくて歩けませんよ。
それも、修行のうちなんでしょうか?
そうなら凄いことですね。

登山靴でへこたれてたらバチが当たるぞ。

 休憩している修験者、理源大師像

座るのに丁度良い岩のある場所で一本。
行者岩と命名しました (^^

山名を見ても大峰山脈が修験の山と伺い知れます。
大普賢岳、行者還岳、弥山、八経ヶ岳、釈迦ヶ岳、大日岳、天狗山、地蔵岳、涅槃岳、転法輪岳、行仙岳といった具合ですよ。

 登りやすい

ここから少し登ると木の階段が出てきます。
聖宝八丁の急坂と言うらしい。

何か最近、階段づいててやんなっちゃいますよ

 最後の階段奉公

弥山小屋に近づくと、日陰のあちこちに霜柱がありました
2〜3cm。
これだもん、夕べ寒かった訳だわ。

 霜柱です

やっとこさ小屋のある広場に着きましたよ。
思っていたより大きな小屋です。

大峰山脈縦走の中継点でしょうかね。

 弥山小屋

                                   弥山から八経ヶ岳

小屋前のベンチにザックをデポして、弥山山頂を往復して来ましょ。

皇太子殿下の登頂記念の碑を通り過ぎると奥の宮のある山頂です
ここは反対側(西)にも道がありました。

 弥山神社(山頂)入口の鳥居
 弥山小屋広場の奥まったところ             弥山神社への道

お参りを済ませて弥山小屋に戻り、ザックを回収して出発。
いよいよ近畿の最高峰・八経ヶ岳に行きます。

 弥山神社奥の宮

一旦鞍部まで下ります。
ここはオオヤマレンゲの自生地ですが鹿の食害から守るために金網で囲ってあります。

扉を開けて自生地を横切り、また扉から出る。

 鹿避けの柵を入る
 八経ヶ岳山頂直下               ▲ 山頂です

ひと登りで狭い山頂でした。
関西で一番人気の訓練山域なのでしょうか、大きなザックの学生さんのpartyもやってきました。

柿の葉寿司とカレーラーメン(変な組み合わせ)。
家から持ってきたキュウリの漬物で簡単ランチです(^^;

すれ違った人に「7月10日頃に来ると綺麗なオオヤマレンゲの花が見れますよ」と教わりました。
その頃また来ますね。

 狭い山頂なのでごった返している

 
                                   山頂から東の展望

お腹がいっぱいになったから、そろそろ帰ろうか。

弥山小屋に戻り即下山します。
小屋の中に入ってみなかった(我が隊はいつもそう)。

まだまだ大勢の人が登ってきます。
おいちゃんは、この人達の車がどうなってるのか気になるようです。
下山後の課題にします。

 ばんばん登って来ます

弥山や八経ヶ岳が綺麗に見える例の切り開かれた場所に着く。
見納め休憩します。

稜線上のアップダウンが適当にあって。
下降点分岐からは嫌な急下りです。
膝が痛くなってきたので、かばいながらゆっくりゆっくり。
・・・ それにしても急だわ。

ミツバツツジが現れれば登山口は近いね

 根っこの急下り
 サイゴクミツバツツジ            ▲ 悦に入るおいちゃん

おいちゃんは橋の所で顔を洗っていた。
沢に出ると、必ず顔を洗う変な習性の持ち主。

沢周辺のこの場所だけ、小さな花が咲いていた。
ネコノメソウとフモトスミレさん。

 三角吊橋を渡って

          イワボタン                       フモトスミレさん                         セントウソウ

無事下山しました。
初めて登った近畿の山もフィナーレを迎えます。
アプローチが遠い分だけ疲れたなあって感じです。

車はまだいっぱい残っていました。
みんなの話を聞いてると、群馬って山登りには恵まれているなあと今更ながら実感するのでした。

荷物を車に放り込んで、高野山に向かうため反対側に下ります。

 登山口に戻る

おうおう ・・・ こうなってんのか。
道路沿いには果てしなく路駐の車が並んでいました。

ちょっと走ったとこで、車道を歩いている単独男性を見つけて拾う。
みたらい渓谷に車を置いて縦走した大阪の方でした。
みたらい渓谷まで15キロもあった、ここを歩く根性に拍手。

そこは景観豊かな渓谷で、大勢の人で賑わっていました。
しかし、この道も国道ながら細くてクネクネした道でした。
度々、離合に苦労する。

 路駐の車列


  高野山には身を清めていかなくちゃいけないので、途中の温泉に寄って汗を流します、ゴシゴシ。
  明日の予定だった高野山ですが、昼間は混みそうだし時間の余裕もあるので今日のうちに訪問して帰っちゃお。
  そうしよそうしよ(^^
  橋本市から、再び細いクネクネした高野山道路を登って行きます。
  カーブが連続する道を数珠繋ぎで下りてくる車とのすれ違いには神経を使いました。
  まるで激流を遡る鯉の気分です。


鯉と言えば、カープは今年も弱いなあ

こんな山の中でも、高野山はちょっとした町になっていた。
行楽客も殆んど帰って静けさを取り戻している高野山です。
昼間は凄かったろうな。

まずは金剛峯寺にお参りしますが、もう中の観覧はできません。
お腹すいたな ・・・ ということで車で移動してレストランで食事。

ここから裏参道を歩いて高野山奥宮と弘法大師の御廟をお参りしました。
次は、帰りながら壇上伽藍と大門を見学してダイジェスト版終了。

 金剛峯寺で


大門の見学を終えた頃には、陽は西に傾いて沈みかけていました。
夕日を見ながら山を下ります。
慌ただしい旅ではありましたが、中身は濃かった。かな?

もう渋滞がどうのこうの考えるのも面倒になり、素直に大阪に出て帰ることにします。

 陽が落ちるまで良く遊んだ一日

南阪奈道路の羽曳野ICに入り、阪和自動車道、近畿自動車道を繋いで吹田JCTから名神に出る。
京都付近は渋滞情報があったので、京滋バイパス経由で小牧JCT中央道を走った。
高速の分岐が多くて多くて、あっちだこっちだと大騒ぎしながら走った。

ところどころで渋滞に巻き込まれます。
中央道は空いていました。

最後に出た一言、やっぱり家が一番いいなあ。

 GW渋滞もあった

 
  この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

  八経ヶ岳の場所         


inserted by FC2 system