2010.08.06-07                        K2Couple No.0281

鳥海山
ちょうかいざん (秋田県・山形県)
2,236m
   行者岳 2159m 七高山 2230m 新山 2236m
豊富な花に彩られる日本海の独立峰 

コース最大標高差 : 1,090
コース累積標高差(+) : 1,240
コース累積標高差(−) : 1,290
コース距離 : 13.5 km
行動時間 : 12'30"

               * 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
               * 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません

 心字雪渓とお花畑

  10:00 = 高崎IC = 新潟 = 村上IC = R7 = 鶴岡IC = 酒田みなとIC = 湯ノ台温泉 = 15:50滝ノ小屋下駐車場
  滝ノ小屋下p 16:05 - 16:20滝ノ小屋 - 八丁坂 - 18:05河原宿小屋(素泊)

  河原宿小屋 5:30 - 6:15雪渓 - 6:25沢渡渉(L1)6:45 - 7:20雪渓 - アザミ坂 - 8:45外輪稜線 - 伏拝岳 - 行者岳 - 9:40七高山9:45 -
  10:25
新山10:30 - 10:55大物忌神社(L2)
11:30 - 千蛇谷 - 13:00七五三掛13:10 - 御田ヶ原分岐 - 13:35扇子森 - 13:40鳥海湖展望13:55 -
  
14:05御浜小屋14:20 - 14:40賽の河原14:50 - 15:40展望台15:55 - 16:00鉾立p
  
鉾立p16:25 = 道の駅鳥海 = 酒田バスターミナル = 18:15滝ノ小屋下p18:30 = 19:05湯ノ台温泉鳥海山荘20:00 = 酒田みなとIC = 鶴岡IC =
  R7 = 23:30越後川口SA(仮眠)5:00 = 藤岡IC = 6:20


  河原宿小屋素泊(¥4,200)   湯ノ台温泉 鳥海山荘 (¥500)      

  名山と呼ばれるにはいろいろの見地があるが、山容秀麗という資格では、鳥海山は他に落ちない。眼路限りなく拡がった庄内平野の北の果てに、毅然と
  そびえ立ったこの山を眺めると、昔から東北第一の名峰とあがめられてきたことも納得出来る。東北地方の山の多くは、東北人の気質のようにガッシリと
  重厚、時には鈍重という感じさえ受けるが、鳥海にはその重さがない。颯爽としている。酒田あたりから望むと、むしろスマートと言いたいほどである。
  それは鳥海が連嶺の形をなさず、独立した一峰あるところにも基因する。標高は東北の最高とは言え、わが国の中部へ持ってくると、決してその高さを誇
  るわけには行かぬ。しかしその高さは海ぎわから盛り上がっている。山の裾は海に没している。つまりわれわれはその足元から直ちに二二四〇米を仰ぐ
  のであるから、これは信州で日本アルプスを仰ぐのに劣らない。(中略)鳥海山は登ってみて、ボリュームのある深い山という感には乏しいが、年経た火山
  だけあって、地形の複雑な点に興味があり、すぐれた風景が至るところに展開されている。頂上火口の険しい岩壁、太古の静寂を保った旧噴火口の湖水、
  すぐ眼下に日本海を見おろす広々とした高原状の草地---これだけの規模の山で、これほど変化に富んでいる山も稀であろう。高山植物にも、チョウカイ
  フスマ、チョウカイアザミその他、この山の名を冠した種類が多いことを見ても、その多彩豊富が察しられる。

                                                                                                深田久弥 『日本百名山』 より抜粋


去年から計画して延びのびになっていた花の百名山。
今年も7月初めから天気予報と睨めっこして、気をもんでいました。

酒田在住のおいちゃんの後輩KQさんを誘って頼って(^^;計画実行です。
計画段階の途中から、仙台のおばちゃん(mmmさん)も加えて総勢四人。
楽しい山登りになりそうですよ(^^

どうしても外せない仕事を片付けて、AM10時に高崎を出ました。

 うみだ〜 (国道7号線)

今日のうちに河原宿まで入れれば、四人で楽しい夜を過ごせる。
でも、登山口まで6時間はみなければなりません。
初めて登る道だし暗い夜道は避けたいので、休憩もせずに走りっぱなし。
5時までに登山口に着かなかったら、駐車場で車中泊して明朝4時に出発6時に河原宿で合流の手はずです。

新潟から無料区間の日本海東北道を走り、村上からはR7を北上します。
海岸線では海水浴を楽しむ家族がいたり、海に突き出した岩場があったりで、海なし県の人間にとっては新鮮なドライブです。

海の上に鳥海山が見えた時から臨戦体勢ですよ。

 山形自動車道から鳥海山

山形自動車道を鶴岡ICから酒田みなとICまで走り、湯の台をめざす。
秀麗な鳥海山がぐんぐん大きくなるので、写真撮影に余念がありません。

林道滝ノ小屋線をクネクネ走って、行き止まりの駐車場に到着したのは4時前でした。
着いたと同時に、おばちゃんから「今どこ?」と電話
今日中に行くから待っててね〜。

 麓の林道から

駐車場には半分くらい空きスペースあり。
栃木bフバスもありました。

小屋の食料など準備して出発します。
最初は樹林帯の中に伸びる、石畳が綺麗に並べられた道です。
下山して来る人は、みんな日に焼けて疲れたご様子。
暑かったけど最高だったって。

沢を一本渡って、滝ノ小屋にはルンルン調子で着きました。

 河原宿から流れてくる沢
 きれいな滝ノ小屋       ▲ 滝ノ小屋から上は沢に絡んで登る

ここからは沢に絡んで飛び石伝いに歩くと、早速お花畑出現です。
こうなると、私はテコでも動きません。

だって、初めて会ったヒナザクラがいっぱい咲いているんですもの。
思っていたより小さくて、なんとも可憐な花なの。
どうしよ。
暗くなる前に河原宿に行かなくちゃならないし、ジレンマはらっぱ。

 ヒナザクラさん♪nice to meet you
 
                               楚々として上品なヒナザクラ

        ▲ ハクサンフウロ           ハクサンシャジン(白)         ハクサンシャジン(紫)        ハクサンシャジン(薄紫)
        ▲ ミヤマホツツジ             ヤマハハコ               ベニバナイチゴ             ミヤマカラマツ
      ▲ ミヤマダイモンジソウ          アオノツガザクラ           ウラジロナナカマド             イワイチョウ

 白糸の滝             ▲ ツルアリドオシ
 トウゲブキ       ▲ ニッコウキスゲに埋もれるおいちゃん

八丁坂の登りはちょっと急だけど、低木のため眺めがよい。
そして、お花畑の斜面の広がりが気持ちいいのに、私とした事がバテバテ。
夕べは暑くて一睡も出来なかった訳で。

おまけに、早く着きたいためにトイレ休憩だけでお昼も食べなかったのだ。
そのわりに、おいちゃんは元気ハツラツ。
二人分のザックを担いで、どんどん行っちゃいます。

 八丁坂でへこたれるはらっぱ

立ち止まっては休み休み登りますね。
まわりの景色は素晴しく、遠く庄内平野が薄っすらと見えます。
その向こうは海?

トウゲブキやハクサンフウロ、ヨツバシオガマなどが群落をなしている。
ハクサンシャジンもあちこちに。
黄昏色の草原が眩しかったよ。

 急登が終わると台地状に

          河原宿小屋の前からガスの鳥海山心字雪渓 (コガネギクとアカバナトウウチソウ)

沢の大きな音が聞こえてきて間もなく、小屋に辿り着きました。
先着の二人は荷物を広げてだらけている真最中です。
笑顔で迎えられて、疲れが吹っ飛びましたよ。

小屋は私達四人の貸切です。
昔ながらの山小屋という風情で、板の間に畳が敷いてあるだけの質素さ。
積まれた毛布を好きなように使って寝るだけ。
小屋番のおっさんに料金の前払いしてもらって跳び上がった
素泊まり4,200円です ・・・ えっまじ、大物忌神社さん勘弁してよ。

 ワンゲルOB三人久しぶりの団欒
 鳥海山に夕日がさしても         ▲ 楽しい語らいは尽きない訳で

おばちゃんが担いで(担がされて)きたビールで乾杯。
はらっぱは飲めないのでミルクコーヒー。
鳥海の懐に抱かれて沢音を聞きながら過ごすこの時間は、若い頃に山で過ごした時の流れと同じ感覚だった。

久しぶりに会った仲間はいいもんだね。
小屋に入って、話が尽きないまま夜10時過ぎにタイムアップ。

外に出て、天の川半分と星空半分を眺める
静かな夜更けに聞こえてくるのは、星がチカチカ瞬く音そして沢の音。
二日分の眠りに就きました。

 暮れなずむ山を見下ろす下弦の月


               ▲ 小屋前は別天地、先に出発する女性軍 (おばあさんは山へお花見に、おじいさんは川で食器洗い)

朝は4時過ぎに目覚ましで起きたものの時間はたっぷりあるので、美味しい空気を深呼吸して、ゆっくり朝食しますね。
KQさんの作ってくれた親子丼が美味しかったよ。

小屋前の沢は雪渓の雪解け水なので、手を切るような冷たさです。

5時半に出発する頃は、山頂には雲が掛かっています。
それでも足元はお花畑。
お花さん達は朝から元気いっぱいです。
気持ちがざわめくような、それでいて落ち着く登りですがね。

 雪渓の末端
 台地上に建つ河原宿小屋           登山道は黄ペンで

次々現れる花の楽園。
あちこちで撮影会が始まり、撮りまくり大会です。

登山道から外れた踏み跡が無数にあるので、花が可哀想でしゅ。
このままでは、お花さんのエリアが縮小してしまいますので、登山道が規制されるのは時間の問題でしょう。

花を、花園を大切にしましょう。

 あっちも、ほら凄いよ

                              ▲ 咲き誇るチングルマ
                      ▲ ヒナザクラも元気いっぱいに咲いていましたね

        ▲ ミヤマリンドウ             コバイケイソウ              チングルマ               ニッコウキスゲ

 出羽の山並み       帯状に連なるニッコウキスゲ群落
 ニッコウキスゲの道を行く         ▲ チングルマさんに癒されて

夏の陽射しは、ガスに遮られて和らいでいました。
でもやっぱり汗ばむ登りです。

休んでは登り、花を眺めては登り。
ゆっくりゆっくり歩いて、心ゆくまで楽しみたい場所ですがね。

 着替え休憩です

夏道は心字雪渓を横断している。
残った雪渓の形が心の字になっているので心字雪渓。
見るからに涼しそうです。

最初の大雪渓に着く頃には、滝ノ小屋下から早出してきた人達が追い付いてきました

 雪渓の上は特に涼しそうです

それほど急斜面の雪渓ではありませんが、登りと違ってトラバースは気を使いますね。
雪が凍っているので、スプーンカットをうまく利用しないとツルッとなる。

でも、アイゼンを使うほどではありませんね。
雪渓が小さくなっていて、距離も短いし。

 トップを行くおいちゃん
 おばちゃんとKQさんも続く      ▲ ここでペットボトルを満タンにしましょう

雪渓をクリアーして、沢の冷たい水をゲットします。
暑くなりそうなので満タンにしますね。

そして、またお花畑に突入。

また休もうか。
そうしよ♪そうしよ(^^

 ミヤマキンポウゲの咲く岩で休憩
 アオノツガザクラ             ▲ ウサギギク
 すこしガレてきました              オクキタアザミ
       ▲ ミヤマキンポウゲ           ハクサンチドリ            ミヤマウスユキソウ            ヨツバシオガマ

 上の雪渓(小雪渓)が見えてきました          ミヤマキンポウゲの道
 何撮ってんの            ▲ 次は小雪渓です

最初の雪渓(大雪渓)は凍っていて滑りましたが、小雪渓では少し柔らかくなっていて歩き易い。

おば様が二人下りて来て、雪渓下りが怖いので捲いて下ると言う。
それって、雪渓下ったほうがいいと思うけど ・・・
念のためロープも張ってあったしさ。

 小雪渓を渡る

アザミ坂を控えて、大休憩です。
休んでばっかし。

外輪稜線まで標高差は300以上あり、しかも今回一番の急登ですよ
いつの間にか、山頂部のガスが切れています。

小雪渓を振り返ると、大勢の人が登って来るのが見えます。

 お花畑から小雪渓を振り返る

鳥海山の固有種チョウカイアザミが咲く、その名もアザミ坂。

この坂を登れば、外輪山の稜線です。
どんな景色が広がってるのかな。
楽しみです、わくわく。

チョウカイアザミがいっぱい咲いてるけど、何かちょっとグロテスクかも。
まあいっか。

 チョウカイアザミ

外輪山の稜線に出ると、新山はガスに隠れていました。
わっ見てみ、ガスが薄くなって新山山頂が浮かび上がります。
写真写真。
前景に入れる花を探して移動してる間に、また隠れちゃった(^^;

何度も登られているKQさんは御室小屋に直行します。
初めての私たち三人は、三角点のある七高山をめざしますね。

▲ 外輪稜線から溶岩ドームの新山

外輪山の稜線にもイワブクロ、イワギキョウ、チョウカイフスマ、チョウカイアザミなどが途切れることなく咲いています。

出羽富士と呼ばれて、地元の人に愛されている深田百名山。
田中澄江の花の百名山でもあり、チョウカイフスマやチョウカイアザミという固有種の花がある名山です。

 イワギキョウ
 外輪山の稜線を歩くおばちゃんとおいちゃん             ▲ ミヤマホツツジ

チョウカイアザミは微妙だけど、チョウカイフスマは可愛いよ
きりっとした花弁は気品を漂わせ、水玉をいっぱい含んでた。
ナデシコ科の仲間だそうです。

外輪山の稜線や新山の岩間に咲いていました。
あんたに会えて嬉しいよ。

イワブクロは甲斐駒以来ですかな。
何かソフトタッチな感じがいいね。

 チョウカイフスマ
                        チョウカイフスマとイワブクロ

 イワブクロ              ▲ イワブクロ
 ホソバイワベンケイ          ▲ イワギキョウも咲いてるよ

外輪山の稜線は高低差が少なく、ほぼ平ら。
何気に行者岳を通り過ぎ、鉄梯子などを下って稜線上を進む。

外輪山の最高峰、七高山まで気楽な花の道でした。
見下ろす千蛇谷は迫力満点です。
山頂部は複雑な地形になっているのが良く見えます。

 天気も良くなってきたしね
 ミヤマリンドウ               七高山へ
 ヨツバシオガマ          ▲ お馴染みのイワオトギリ

                             外輪稜線から複雑な山頂部を見る

                   チョウカイフスマ越しに望む新山と大物忌神社

稜線から眺める新山とその下の大物忌神社御室小屋はすぐそこ。

気持ち良く歩いているうちに、七高山頂に到着です。
残念ながら遠望は叶いませんでしたよ。

山頂で記念写真を撮って分岐まで戻り、ガレた急坂を下ります。
この辺りから、人の多さが目に付き始めました。

 七高山頂
 外輪山から千蛇谷に下る           ▲ どんどん下ってきます

                     雪渓を渡って、新山の取り付きから七高山 (外輪山)を眺める

雪渓のある所から新山をめざします。
その前に一息入れて、うん?新山への道はどうなってんだ〜。

ここからは岩岩のアスレチックルートです。
特に道はなく大岩の上をどこでも自由に登れますが、一応岩にペンキマークが付けられている訳でして。

岩から岩へ登ったり下りたり潜ったり

 溶岩ドーム状の新山
 大岩のガラ場を登る          ▲ 胎内くぐりのおばちゃん

やっと辿り着いた山頂です。
狭いのに通勤電車並みの激混みなので、休む気にもなれません。

とりあえず証拠写真だけ撮って即下山。
こんなイワイワが積み重なったドーム状の新山なんだなという認識です。

別ルートの下りですが、もちろん大岩の上を歩く。
岩間にいろんなものが落ちてますよ。
おいちゃ〜ん、おっこちんなよ〜拾えなくなるし(^^;

 新山のてっぺん
 こんなのやだ〜             ▲ おっこちんなよ〜
 おばちゃんは落ちれない             ▲ 慎重なはらっぱ
 
        溶岩の間を縫って登る            深い底に下る人たち                    無事脱出です

 大物忌神社が見えました     ▲ そんなに登ったら山頂からこぼれ落ちるよ

こんな岩の積み重なった狭い山頂は宝剣岳以来です。
小屋の見える場所まで下りてきて、人の多さにびっくりですよ
大勢の人が小屋の周りに陣取っていました。

我がpartyは、KQさんがコーヒーを沸かして待っていました。
美味しいなあ。
ランチやデザート。
みかんやトマト、キュウリの丸かじりも美味しかったよ。

 大物忌神社

そうだね、きょうの山の上も超暑かったです
水が足りなくなりそうなので、KQさんが神社に買いに行った。
が ・・・ 500mlで500円だそうで、手ぶらで帰ってきた。

おばちゃんは帰りのバスを予約しているので、一人で気をもんでます。
晴れているのに霧雨が舞っています。
間に合うように下山するから大丈夫だってば。

 千蛇谷を下る

帰りは千蛇谷へ下ります。
外輪山の切り立った内壁が迫っています。

私達が下山を始める頃にも、まだまだ大勢の人が登ってきますね。
その人たちはカッパを着てました。
下の方では大雨が降ったのだそうです。

千蛇谷の最後は雪渓で埋まってました。
この暑さですから、雪渓の上で休憩する人が多い。
私たちもしばしのクールダウン。

 あの雪渓を渡って七五三掛へ
 ボッカ&エッセン担当KQさん            ▲ これで生き返るね
                          七五三掛に登り返す斜面から千蛇谷を見下ろす

 
       ▲ 崩壊した斜面の梯子               ハクサンイチゲ                      七五三掛から新山

  七五三掛で休憩。
  ここから先もお花ロードになっていました。
  広い草原のような御田ヶ原で、鳥海湖に下る分岐を分けて扇子森に登ります。
  これが最後の登りですよ。


 斜面のお花畑             ▲ ハクサンフウロ




 そのユニフォームは何で
 すかと訊いても答えず。

 エイホエイホの掛け声で
 「登山はお祭りだ〜」
 踊りながらすれ違ったお
 兄さん二人。

 ?何者だろ。

 ハクサンシャジン       ▲ 水玉模様のひょうきんなお二人さん

       トモエシオガマ              ホタルブクロ              イワショウブ             マルバシモツケ

ガスの中から鳥海湖が姿を現しました
本日最後の見所です。
ちょっと腰を下ろして、ガスの鳥海湖をゆっくり楽しもう。

KQさんから、「ここまで来れば後は楽勝」と余裕のアドバイス。
ですが、おばちゃんは、まだ時間が気になって仕方がありません。

 意気投合
                            ▲ どうしても見たかった鳥海湖

御浜小屋前の鳥海湖見物席は大勢の人で賑わっていました。
ガスの切れ切れに鳥海山の山頂部が望めます。

ここでトイレを借りて下りましょう。

 御浜小屋から鳥海山頂

石畳の歩き易いような歩き難いような下山路です。

西日をまともに受けて、疲れた身体や顔が焦げていきます
このルートは長いですよ。
真っ赤に日焼けしてしまいました。

 御浜小屋から下る

遠くに鉾立の駐車場が見えてホッとしました。
でもまだ遠いよ。

写真を載せてない花たち
アカモノ(花・実)、ウゴアザミ、オヤマリンドウ、オンタデ、クルマユリ、コイワカガミ、
コバノギボウシ、シシウド、シロバナニガナ、タケシマランの実、チシマギキョウ、
ネバリノギラン、ノリウツギ、ハナニガナ、ハリブキの実、ミツバオウレン、ミヤマセンキュウ、
ミヤマコウゾリナ、ミヤマキンバイ、ムシカリの実、ヨツバヒヨドリ

 ニッコウキスゲを下る石畳
               ▲ キンコウカ             賽の河原

賽の河原に着いて、迎えに来て下さるKQ奥様に確認電話

賽の河原が最後の休憩場所のはずでしたが、その下でもう一度休憩です。
この時に全員そろって水を飲み尽くしました。

石畳の道を暑い暑いと言いながら下って展望台に到着です。ホッ!
今日のコースを振り返る場所です。
山頂をバックに記念撮影をしているところに、お迎えのKQ奥様が登ってきてくださいました。
ありがとうございます。

 展望台にてお疲れさま (photo by KQ)

ここからコンクリートの階段をちょっと下れば駐車場です。
一目散に売店のかき氷をめざします。
ふ〜、生き返ったよ。

KQ奥様の車に乗せていただいて、鳥海ブルーラインを賑やかに下りました。

 鉾立ビジターセンター

私たちの希望を汲んでいただき、道の駅「鳥海」に寄り道します。

日本海の岩ガキを賞味しました。
超旨です。

 岩ガキ

おばちゃんをバスターミナルに届け、湯ノ台登山口に向かいます。
土曜日だったので、登山口駐車場は昨日より車が多く下の駐車場や路上駐車の車もありました。
駐車場には立派なトイレもあります。

KQ奥様、ほんとうにありがとうございました。
ここでお別れです。

 林道滝ノ小屋線どん詰まり

KQさんの計らいで、鶴間池を見下ろす場所に案内してもらいます。
湧き水の池で、凄く綺麗なところだそうです。

鳥海山荘のお風呂は、KQさんの特別ご招待。
二日間の汗を流して、お世話になったKQさんともお別れします。
おかげさまで楽しかったよ、ありがとうございました。

酒田の花火大会を眺めながら、高速道路を走ります。
花火を打ち上げている最上川の河口近くでは、大輪の花でしたね。

鳥海山は百花繚乱。
雪渓、荒々しい山頂部、千蛇谷、鳥海湖などめくるめく景色を楽しめる端正で雄大な素晴しい山でした。

 鶴間池


  この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

  鳥海山の場所         

inserted by FC2 system