2012.01.29                        K2Couple No.0347

掃部ヶ岳
はるな かもんがたけ (群馬県)
1,449m
榛名湖を眺めて、ちょろっと雪山

コース最大標高差 : 335
コース累積標高差(+) : 335
コース累積標高差(−) : 335
コース距離 : 2.9 km
行動時間 : 2'15"

               * 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
               * 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません

▲ 掃部ヶ岳直下

   8:30 = 室田 = 9:30榛名湖 = 9:30市営駐車場
   榛名湖市営駐車場9:45 - 10:35湖畔の宿広場分岐 - 10:50
掃部ヶ岳(L)11:25 - 12:00市営駐車場
   
駐車場12:15 = 12:30榛名神社13:05 = 室田 = 14:00■


昨日まで寒さに震えて雪山に行く元気がなかった筈なのに、新しい靴を買って全くゲンキンなおいちゃんです。
明日は履き初め式ということで、赤城に行こうぜといきなり言い出した。
仕方ないな、付き合ってやるか(笑)

その割りに起きてこないので起こしてやったよ、本当に行く気あるんかいな。

ところがR17に入ってみたら赤城山がありません
浅間山も谷川岳も何にもありませんよ(八ツは見えてたけど遠いし)。
榛名山は綺麗に見えていたので、行き先変更。
二日続けて、高崎市内の山になっちゃった。

 R18分岐点より榛名山
 榛名湖畔から見る掃部ヶ岳         ▲ 硯岩と吾妻荘とレイクホテル

榛名湖畔はひっそり。
今年は珍しく早く凍結したのに、原発事故の影響でワカサギ漁はない。
赤城も榛名も群馬県も、深刻な問題を抱えている。
意外な拡がりをみせる放射能汚染。

登山口の市営駐車場には先客の車が2台だけ、準備中でした。
同年輩です。
気温はマイナス7℃。

皆さんアイゼンを付けて、ワカンやスノーシューも持って行かれました。
車キーを失くしたことに気付き、戻ることになる気の毒な前橋のpartyです。

 榛名湖 市営駐車場

私達はワカンを持ってきていなかったので、アイゼンだけ付けて出発。
おいちゃんは、端からアイゼンを付ける気はありません。

アイゼンなんか要らね〜だろ〜。
だって最初から靴にくっついてんだよ
私の靴も初めての雪山なので、昨夜おいちゃんが調整して付けたままになってたの。

おいちゃんの試し履きは調子いいみたいです。
良かったね、9ヶ月も早い超早誕生日プレゼントかな。
SCARPAの中には、応援しているプロ野球チーム名が隠れてるんだよね〜。

 いいだろっ SCARPA

そして、先行していた前橋の一人♂が車のキーが失くなったと、引き返して来ました。
少し上で同行の四人♀2♂2が待ちぼうけで暇しています。
車のキー落ちてませんでした?
ずっと下見て歩いてきたけど、気付きませんでしたよ。
それより、一緒に探してあげないんかい? ( ← これは心の声)

分岐に出る少し下から、はらっぱはショートカットルート作りに励みます。
誰も歩いてない雪の上にトレースを付けるって気持ちいいよ。
こうやっとけば、みんなこっち通るよねきっと。

 サラ雪を登るっていいよね

積雪は20cm位でしょうか、階段の丸太が邪魔になってきました。

はらっぱは指先が冷たかったのですが、歩くにつれて段々温かくなり、背中はヒートテックのシャツ(COOPの安いの)効果でホカロンを入れたみたいに熱くなってきたよ。

ゆっくり山頂をめざしますね。
風がちょっと収まり、気持ちよく歩けましたよ。

 寒い割りに積雪量は少ないみたい         ▲ 湖畔の宿広場に下る分岐

樹林越しに、小野子三山が見えています。
山頂直下のいつものランチ場所にザックをデポして ・・・ 席取りっぽい訳で。
山頂に向かいます。

誰もいない静かな山頂ですが、風がビュ〜ビュ〜うるさい。
浅間山は相変わらず雲がかかっていますね。
妙義山や西上州の山、奥秩父の山々は見ることができました。
霞んでいるので平野部は烏川くらいしか分りません。

一気登りでここまで来ました。
イッキったってペースが速いわけではなく、ただ休憩ナシってこと(^^;

 山頂で待つおいちゃん
 一応撮ろうかね               ▲ 浅間山
                                     ▲ まいどお馴染み 榛名の山々

いつもの特等席に戻って、榛名湖を見下ろしながらささやかなランチです。

湖面の様子までは良く見えませんが、せっかく全面凍結しているのに人っ子一人いない感じの寂しい湖です。
昔子供を連れて来た頃は、スケートリンクは若者の歓声が飛び交い、大勢のワカサギ釣り客もじっと座って湖上の賑わいを演出していたのに。

隔世の感を禁じ得ない二人。

 青空と雲は昔のまま

随分遅れて前橋partyが登ってきました。
キーは車の所に落ちていたらしい。
心配したけど、あって良かったね〜。(最近他人事ではありませんので)

昼食を終えて下山を始めると、団体さんが登って来られました。
山頂が賑やかになりますね


 いらっしゃ〜い           ▲ トコトコ下りるって大好き

おいちゃんはトレースを外して快調に下って行きますよ。
その方が楽だって。確かに!!

頑張って何とか歩いていたけど、途中でアイゼンを外したのよ。
きょうはパウダーだったからか、アイゼンなしの方が全然楽チン。
もっと早く言ってよ。
とっくに言ってるだろっ。

 トレース上は案外歩きにくい            ▲ トレース無視の人

吾妻荘の下を歩いていたら、正午のチャイム。
まだ時間的に早いので、榛名神社に寄り道しましたよ。
今年3回目の神社詣で。(浮気者の面倒は見ん) ← 神さまの声が聞こえるし

路面はツルツルに凍っていましたが、砂が撒いてあって安全に歩けますよ。
ここはパワースポットなので、若い人が次々と訪れて賑わっていました。

車をお店の駐車場に置かせてもらったので、帰りにお土産を買いましたよ。
かりんと2種類(生姜とカボチャ)ですがね(^^
ポリポリ

 榛名神社随神門

       ▲ 心清めて階段を登る                  双龍門                   ▲ 本殿にお参り
 龍の彫り物 (木鼻)         ▲ 三重塔 (神仏混合ですけど)

  榛名掃部ヶ岳の場所       

inserted by FC2 system