2012.02.12                       K2Couple No.0349

神流諏訪山
すわやま (群馬県・埼玉県)
1207m
群百登頂を兼ねて、西上州の滝偵察

コース最大標高差 : 530
コース累積標高差(+) : 700
コース累積標高差(−) : 770
コース距離 : 6.2 km
行動時間 : 4'35"

               * 距離と最大標高差・累積標高差は GARMIN GPS data です

▲ 切り株に腰掛けて、両神大盛りランチ

  8:40 = 9:50志賀坂トンネル登山口p
  
志賀坂TNp10:00 - 10:35送電鉄塔(L1)10:40 - 11:35肩 - 11:40諏訪山L2)12:00 - 12:25東屋 - 12:40九十の滝 - 12:50わたど橋 -
  12:55猪平第二ダムp - 13:10(R299) -
13:15 《軽トラの爺ちゃんに乗せてもらう》 13:20志賀坂TNp
  
志賀坂TNp13:25= 13.55栗木平p14:00 - 14:25早滝(L3)15:00 - 15:20栗木平p
  栗木平p15:25 = 15:45みかぼ高原荘16:35 = 17:45


  みかぼ高原荘 (¥400)

はらっぱの提案が通って、きょうは西上州の氷瀑めぐり。
志賀坂トンネル手前の駐車場は、去年の両神八丁尾根を登った時に走ったR299沿いですよ。

神流町からは、山上が平らに削り取られた無残な叶山が見えます。
西上州だから雪はそこそこ、疎らな感じです。

「家で仕事をしてる方が良かったかも」などと言い始めるおいちゃん。
チョロコースだし、ここまで来たんだからちょっと行って来ようよ、ネッ。

 神流町からの叶山

志賀坂トンネル手前の登山口pは、雪がカチカチに凍っていてツルツル。
ワゴン車(F市party)が一台停まっていましたよ。

最初からアイゼンを付けての歩きとなりました。
雪道を進むとすぐに谷コースとの分岐。
選択した尾根コースは、ジグを切ってトンネルの上へ登って行きます。

雪は薄くなりアイゼンが邪魔だけど、凍っている場所もあるし、この先が分らないので付けたまま登ることにする。

 谷コースの分岐

埼玉県側から登ってくる道を合わせると、稜線に出ました。
少し進むと階段が出てきちゃったよ。

階段の苦手なはらっぱは、ここでおいちゃんにグングン差を付けられます。

 整備された(?)階段

正面の樹林越しに見える山が山頂らしい。
この山は来る途中の車道から見えていた山のようですね。
後方はマルチ初挑戦の思い出のニ子山です。

微妙な二股に出た。
おいちゃんはどっちに行ったのかな〜。
迷ったら、鉄則どおり尾根道オンリーに進みましょう。

左遠くには武甲山が見えています。
送電鉄塔下で、山並みを楽しんでいるおいちゃん発見。
あの分岐を私がどっちに行くか、テストしたみたい。

 ニ子山
 武甲山  送電鉄塔の下で待っていたおいちゃん(backは諏訪山)

 残雪疎らな尾根道              ▲ アセビ通り

花はないけどアセビとツツジの稜線は気持ち良く、のんびりお茶します。
軽く腹ごしらえです。
ずっと此処にいてもいいくらいだね、と言いながらも直ぐに出発。

ここから虎ロープが出てきます。
口では「必要ないじゃん」、でも手はロープを掴んでるおいちゃんです。

間もなく、小広い場所で谷コースと合流しました。

 谷コースの合流ポイント

此処からは諏訪山めがけてグングン登りますね。
相変わらず階段です。

高度を増すごとに、ニ子山西峰の岩壁が木々の上に際立ってきました。
それほど大きい山ではないけど、存在感は一級品ですね。
御荷鉾山も見えています。

 山頂めざしてシコシコ          ▲ カッコいいニ子山西峰

階段が終わったら平坦な雪道。
雪道を一登りすれば、陽射したっぷりの肩が見えてきますよ。

落ち葉カサカサ、雪は全くなくなりました。
秋山ちっくな雰囲気です。

 滑らない雪道です

肩にはベンチがあります。
ここから山頂に向かうのが普通のコースだと思いますが、山頂を捲いて進むと古惚けた案内板があり階段がありました。
階段を避けて雪のアセビの森を登ると、山頂の祠に到着。
裏口入山か(^^;

我が隣人・F市の山クラブparty♂1♀5さんがいました。

南東斜面は木が伐採されて、展望が良くなっていますね。
遠くに武甲山、すぐ目の前にはギザギザ迫力の大きな両神山。
切り株に腰掛けて、パン休憩突入。

 肩手前のカサカサ道を行く
          ▲ 山頂の祠                     ▲ 標柱                      両神ギザギザ

 下り始めはポコポコ

          ▲ トンガリ経塚山と浅間山

帰りは滝のある沢コースに下りますね。
下山口の間物集落から駐車場までR299を歩くのがネックでしたが、何とかなるだろとタカをくくるK2隊。

山頂直下からは、遠くに荒船の経塚山や雲の掛かった浅間山。
近くは赤久縄山から御荷鉾山の稜線が並んでいます。

 沢沿いの急下り

すぐに樹林帯に入り、展望のない雪道を無口になって下って行きます。

完全に沢に入り込んでしばらく下ると、柱が朽ちそうな東屋が現れる。
神流町志賀坂森林公園遊歩道と名付けるからには、東屋の一つや二つは欠かせないってことか。
沢の水は元気なくチョロチョロ流れていました。

これじゃ九十の滝は凍ってないかも ・・・ と諦めて進みましたが ・・・

 東屋

尾根先端のベンチに着いたら、先行partyさんが「見えるよ」と嬉しそう。
ちょっと遠景過ぎるので、下れるところまで踏み跡を辿りましたが、怪しくなったので写真を撮って引き上げです。

ちょっと傾斜は緩いですが、ナメっぽい立派な氷瀑でした。
滝下まで行かなかったけど、目的達成ということにする(^^;

 九十の滝、登りやすそう(^^              ▲ ズームアウト

ベンチに戻り滝位置をGPSに記録して、そそくさと下ります。
沢の上流を丸太橋で渡って、少し下ると立派な鉄橋「わたど橋」です。
ここからも滝が見えました。
滝までのアプローチは至近ですね

猪平第二ダムサイトの堰堤脇にある階段を下りると、そこは数台置けそうな広い駐車場になっていました。
F市partyはここに車を乗り入れたかったようですが、道が凍っていて上がれなかったって。

 九十の滝上のベンチ
 わたど橋          ▲ わたど橋から九十の滝

R299国道まですぐだと思ったおいちゃんは、ダムサイトでアイゼンを外す。
でも、地図見ると結構距離がありました(^^;
問題ないよ。

しかし、そこは氷の林道と化していたのです。
アタシはアイゼン履いてるから杖貸そうか? 要らねっ。

バランスを失ったおいちゃんが、希代のエンターティナーぶりを発揮。
モロ派手なスッテンコロリン劇場を披露してくれました。
しかも豪華2本立て。

 俺としたことが いけねっ

間物集落に出たら、足元は一安心。
あとは如何に楽をして志賀坂トンネルpまで戻るか、で頭がいっぱい。

車の音に敏感に振り返ると、軽トラが来るじゃありませんか。
おいちゃんは例のポーズで車を停めて、荷台に乗って行っちゃいました。
人の良さそうな爺ちゃんドライバーがぶっ飛ばすので、荷台で転げまくり。

はらっぱは、景色を楽しみながらトコトコ歩きます。
此処は奥多野花街道です、咲いてないけど(^^;
間もなく、おいちゃんの車が下りてきました。

 軽トラの荷台の人になってサイナラ〜


きょうはもう一つの目的地、早滝に寄リ道しましょう。
何年ぶりだろ?

赤久縄山の登山口栗木平に移動。
治山工事のため、臨時駐車場が出来ていた。
が、駐車場は満車だったので、どん詰まりの路肩に停めて出発します。

 赤久縄山登山口

寒々とした沢沿いを登って行きます。
『一昔前の記憶がどれだけあるか』変な競争をしながら登る変な二人。
あの頃は、まだ若かったなあ。
「 ・・・・・ 」言葉もない訳で。

鎖場をへつると懐かしい滝に着きました。
前に来た時は沢の中を歩いたよね。
やっと意見(記憶)が一致。

 こんな階段を登ったり        ▲ 10年前を必死に思い起こしたり

こちらは見応えのある立派な滝で、九十の滝とは違った氷形でした。
氷の模様・形が美しい。

誰もいないと思って来たけど人気あるんですね、凍った滝は。
ランチ中のカップルや、帰る人、来る人、途切れることがない。
若い男女(所沢bフ2台の車)が、滝の下ではしゃいで楽しそうでした。
彼らは帰る時に「うるさくしてスミマセン」 ・・・ 今どきの若者はエライ。

静かになったあと、滝を見上げながら最後のランチをして写真を撮る。
この美しさを表現できないコンデジの情けなさ。
腕も未熟ですけど(^^;

 早滝偵察中のはらっぱ             ▲ 氷瀑の芸術
 滝の落ち口が凍っていないのでクライミングは無理!!
 口あけてるね            ▲ シルクのカーテン

二つだけだったけど、滝の偵察を終えて帰路につきます。
写真もいっぱい撮ったのに、コンデジの苦手な被写体らしいとごまかす。

久しぶりに、みかぼ高原荘に寄りました。
チョッと山奥ですが展望抜群のお風呂です。
この時期は土日限定営業のようでしたが、きょう初めてのお客さんだって。
え〜ほんと?
営業は4時までだけど、5時までいいよって有難いお言葉。

もう誰も来ないとのことなので、男風呂を勝手に家族風呂にしちゃった。
傾いた夕日が思いっきり降り注ぐお風呂から、ニ子山、両神山、奥秩父のシルエットが素晴らしかった。

 神流町営みかぼ高原荘、訪れる人もなくガラガラ

   諏訪山の場所
  この地図は、国土地理院発行の1万25百分の1地形図を使用したものである

                          

inserted by FC2 system