2012.04.30                        K2Couple No.0361 

御在所岳
ございしょだけ (三重県・滋賀県)
1,212m
気楽に一般コースでガスガス

コース最大標高差 : 740
コース累積標高差(+) : 885
コース累積標高差(−) : 885
コース距離 : 9.3 km
行動時間 : 10'15"

* 距離と最大標高差・累積標高差は GARMIN GPS data です

 奇岩、おばれ岩 

 

  湯の山絵野希望荘5:00 = 5:05鈴鹿スカイライン蒼滝橋p(御在所岳裏道登山口)
  蒼滝橋p5:20 - 5:40中道登山口5:50 - 6:30おばれ岩6:35 - 6:55地蔵岩 - 7:10キレット - 7:30(L1)7:40 - 8:20富士見岩 - 8:45
御在所岳8:50 -
  9:10裏登山道分岐(L2)9:25 - 9:40国見峠 - 11:00藤内小屋TS14:55 - 15:35蒼滝橋p

  
蒼滝橋p15:45 = 近鉄四日市駅 = 17:25Marry家19:40 = 四日市IC = 白鳥IC = 22:35道の駅「九頭竜」(車中泊)


遠征2日目は、御在所岳中道を登ります。

am5に希望荘の駐車場を出て、昨日と同じ蒼滝橋へ。
たっくん達をピックアップするため、裏登山道に下山する訳で。

蒼滝トンネルを抜けて、中道登山口まで車道を登って行きます。

 蒼滝トンネル

ひっそりした山の家周辺の偵察を行い、登山届けを投函して入山する。
すぐに一の谷新道と分かれて、私達は右へ。

はなから掘れた道で歩き辛いですよ。
鹿沼土に似てザラついた感じです。
この道は、雨が降ったら川になっちゃいそうですよね。

 中登山道口 

すぐにミツバツツジやアカヤシオが出てきて、和みの雰囲気が良い。
裏道への連絡道分岐を過ぎて登って行くと、何やら岩っぽくなってきました。

鹿沼土の様な道と岩道を繰り返して、RWの下を通る。
すると、ひょっこり「おばれ岩」に出ました。
何度も写真で見た岩ですが、でっかい。

 花も見頃かな

おばれ岩とは、負ぶわれている岩ということなんだろね。
負われているほうがデカイみたいだけど (^^;

アイスキャンディーみたいだよね、形が ・・・
岩のスキ間を通り抜けたりして、ちょっと遊んでみた。


 絶妙なバランス               ▲ う〜ん
       おばれ岩を潜ってみます            おばれ岩を潜りました            ▲ 命名 ぐちゃぐちゃ岩 (^^;

 アカヤシオ              ▲ ミツバツツジ
 命名 ジャックナイフ岩 (^^;           ▲ 命名 ビバーク岩 (^^;

更に右に行ったり左へ行ったりしながら登ると、このコースのシンボル地蔵岩に着きました。
正面から見るのと横から見るのとでは趣が違うけど、どういう具合に岩が重なってるんやろな。

残念なのは、辺りが真っ白で遠望がないことです。
私の読んだ記録では、振り返ると鎌ヶ岳などが見えると書いてあったけど。

展望は諦めて、岩の造形美とアカヤシオを楽しみながら歩いた。

                          ▲▲ 落っこちそうで落ちない地蔵岩

 ミヤマシキミの花と実           ▲ きょうは一日だめやね

キレットに差し掛かりました
鎖も設置してあるようです。

前を行く親子のお父さんが、声を張り上げていますよ。
気をつけろ〜危ないからな〜。
わかります、その気持ち。

 この下がキレット?

きのうのクライムダウンに比べたら問題なく歩けますが、私は元々怖がりなので以前の私だったらビビりまくる場所ですね。
下を見ると結構急です。

ゆるゆる下りましょう。

 落差は小さい
                                   ▲ キレットの通過

更に登って休憩に良さそうな岩場(七合目付近)で休んでいたら、若い三人組がやってきました。
地元の好青年ですが、一人は初登山とかでバテている様子。
この天候なので、嫌気がさしているのかもしれないね。

群馬から来たと言うと、今ニュースになってる場所ですねと ・・・
ニュース?と訊き返したら。
藤岡JCTで観光バスが側壁に衝突して7人が死亡したとか。
え〜っ驚きました。

 腹ごしらえ休憩

 優しい色がさらに優しく         ▲ 山頂エリアに着いたようです

三人と別れて僅かで、山頂公園の一角でしょうか富士見岩に到着。
名前からして、富士山が見えるのかも知れない。
富士山は、西から見ても北から見ても形は一緒だよ、きっと。

ここからは平坦な道を歩いて山頂をめざしますね。
ただ、ガスが濃くて少し離れるとおいちゃんの姿が見えなくなります。
視界は10メートル位かも。
迷子になるといけないので(おいちゃんが)、離れないように歩きました。

 富士見岩展望台

今まで見たことがないような山頂エリアです。
スキー場があって、関連施設があって、池や広場があってレジャー施設満載の山頂です。

至る所に標識が立っていて、案内は行き届いているので迷う心配はない。
道路は舗装だしね (^^;

 山頂公園内の舗装道路

まだ時間が早いせいか、ガスのせいかロープウェーも動いていません。
裏道への分岐を確認して山頂へ行ってこよう。
山の上なのにアスファルト道ですよ。(何度も言いたくなるし)

スキー場には、まだ雪が残っていました。
レストランアゼリアに着くもまだシャッターが降りたままですよ。
ここの名物カレーも食べてみたかったような。

この天候なので、長者池はパス。

 ご案内タワー
 ふむふむ      ▲ ガスの中からたまに登山者が出て来るし
 最後は石段     ▲ 琵琶湖とか伊勢湾が見渡せるのか〜
 鈴鹿国定公園なのね       滋賀と三重の県境をまたいでみました

こんな天気でも山頂に来る人はボチボチいますね。
自分達もか (^^;

山頂からの素晴らしい展望は、はかない夢と消えるのでありました。
霧に抱かれて静かに眠る 何も見えない御在所にふたり ♪
ちぎれた〜あ愛の〜♪

帰るよ
証拠写真を撮って山頂をあとにする。
ちぎれた〜♪

 山頂

三人の青年と途中ですれ違うかと期待して歩いたのですが、会えなかった。
一期一会。

裏道の分岐まで戻って、ゆっくりランチ休憩します。
ここは展望台になっているようで、崖下に落ちないように柵があります。

まだ時間が早いけど、何も見えないので下山しよう。

 ここから下山します

登山道は雪解け水が流れていますよ。
掘れた道を下って行くと国見峠です。

この道が御在所では一番歩き易い初心者向きと書いてあったけど、決して歩き易くないです。
他のコースがメチャ険悪ということでしょうね。

岩々の安らぎのない道が続きます。
越後の牧歌的な草原の道が恋しいよ〜。

 悪路と言わせて

GWだというのに登山客少ない。
きのうは歩いている人が結構見えたのにね。

天候のせい以外の何ものでもないだろう。
今年はこれまでも不順な天候が続いたもんね。
あとは運しかないさ。

きょうは運に見放された。

 国見峠

藤内壁もガスに煙って残念ながら見えません。
それでも、ガスの中から「カイジョ〜」というコールが響いてきます。
本間さんの声に似てたよ。

おいちゃんがたっくんにコールを送ってみたが、届かないようです。
空しく霧に減衰するだけだし。

 藤内沢に向かって           ▲ だめだこりゃ無理だわ

あとはテン場に帰って、約束の時間まで待つことにしましょう。
昨日合流した場所からは二度目なので、安心して歩けますよ。

兎の耳岩でクライミングをしている人がいたので、暫く見物しますね。
テン場の周りを散策したり、小屋に行って名物犬と遊んだり。
小屋の写真集を見たり、土石流からの復旧物語を聞いたり ・・・

待ち合わせ時間まで3時間もあるので暇を持て余す二人。
 テン場でダラダラ過ごす
                                         ▲ 山中、暇あり

たっくん達も早く帰ってくるかとも思ったけど、そんな訳はない。
定刻に下りてきたわ。
遊び上手なたっくんです。

さて、荷物を片付けて帰りますよ〜。

 藤内小屋は賑わっていた

それにしても二人の荷物のでっかいこと。
縦走登山でもテン泊装備は大変なのに、金属製のガチャ類ギヤ類が重そうで、しかも今回はロープ3本だしね。

二人を近鉄四日市駅まで送り届けて、今回の目的の一つsachiさん宅をめざします。
住所ナビをセットするも、2年前の地図dataなので辿り着けず。

 重て〜

したら公園の向こうから手を振ってくださいました。
窓から公園の桜が見れる素敵な環境ですよね。
いつもブログで拝見していた相棒さんも、素敵な旦那様でした (^^

温泉に入って小奇麗にしてから会いたかったけど、時間が取れず山帰りのボサボサ頭で初対面です。
sachiさんの美味しい夕食をご馳走になって、すっかり長居してしまいました。
楽しいお話もたくさん、ありがとうございました。

お別れするときには、いつの間にか霧雨が舞っていました。

 大変お世話になりました

翌日は藤原岳に登る予定でしたが、天気予報では四日市は曇時々雨。
雨の山登りは嫌なので、福井県を調べると晴れマークが並んでいますよ。
しかも紫外線注意報まで出てるし。
これは藤原岳を飛ばして、最終予定地荒島岳に行くしかないでしょう。

名古屋の迷路の様な自動車道から東海北陸道を乗り継いで、大野市九頭竜道の駅へ直行。

道の駅で車中泊。
なんと綺麗な星空でしょう。
久しぶりに見る北斗七星が瞬いていました

 福井へGO


  この地図は、国土地理院発行の1万25百分の1地形図を使用したものである

   御在所岳の場所         

inserted by FC2 system