2012.07.09                       K2Couple 番外編

富良野・美瑛観光
ふらの びえい (北海道)
-----
雨のため、北の大地を観光

▲ おいちゃんの好きな風景

  層雲峡温泉p 8:40 = 10:20美瑛11:25 = 11:35深山峠11:40 = 12:00富良野F富田(L)13:60 = 14:25望岳台14:30 = 14:45十勝岳温泉(凌雲閣)車中泊


  十勝岳温泉 凌雲閣 (¥800)

朝方雨音がうるさいので、一階の駐車場に移動する。

北海道3日目はシトシト雨です。
天気予報も芳しくないし予備日充当です。
美瑛と富良野の丘を散策しましょう。

と言うことで、MICHIHO隊とひとしきり話したあとエール交換して、それぞれの目的地に向かって層雲峡の駐車場をあとにしたのであります。
おかげさまで一晩楽しく過ごすことができました♪

 雨の層雲峡をあとにして

旭川の街を通過して美瑛へ向かう道では、延々と自衛隊の車列とすれ違いました。
富良野には自衛隊の演習場があるそうです。

わが町にも陸自第二旅団の駐屯地がありますが、これほどの緊迫感これほどの規模は見たことがない。
北海道は本土防衛の要と言うことか。

一般車両の通行を止めて、装甲車が何かしている。

 北の守り

美瑛の町に入ると、写真でお馴染みの風景が目の前に展開します。
麦畑だったり じゃがいも畑だったり。
波打つ丘は緑一色です。(ヤクマンじゃん)

おいちゃんは、カラフルな花園よりも単調な緑の拡がりが好きなようです。
他愛のない田舎風景を一生懸命撮っていました。

 美瑛の田舎風景

綺麗なお花畑の駐車場に入り損なって、適当に右折したら「ケンとメリーの木」がありました。
道案内の標識が立っていたので、行ってみると「北西の丘」という所です。

70年代のケンメリは、おいちゃんにとって宿命のライバル。
当時のおいちゃんは、MazdaRacingTeamやロータリークーペに狂ってた訳で。
常勝スカイラインを破ったときには、会社の中はお祭り騒ぎになった。
片山&寺田&従野、懐かしいなあ。


 ケンとメリーの木(ポプラ)            ▲ 美瑛ぜるぶの丘

 観光案内所でパンフレットを頂き、さっき通り過ぎた「ぜるぶの丘」に戻って園内を散策します。
 ここは花盛りでとっても綺麗でした。


「四季彩の丘」にも足を伸ばしてみる。

美瑛から富良野に入る深山峠で、観覧車やトリックアート美術館を見る。
エヘヘ、外から見ただけ(^^;
ここはMICHIHOさんお薦めの車中泊ポイントらしい。

また北海道に来ることがあったら、泊まってみたいね。
駐車場と周りの様子を観察して富良野の町へ。

 深山峠の上富良野トリックアート美術館

富良野と言えば「ファーム富田」
他にもいっぱい観光スポットがあるみたいだけど、ここは私でも知ってる有名な場所なので外せません。

観光バスが何台も押しかけて大賑わいですよ。
やっぱりアジア系外国人が多かった。

 富良野ファーム富田

お腹すいたので、お昼はここでハンバーグセットを食べますね。
セルフっぽい店の割りに値段は一流 (^^;

広いラベンダー園を散策します。
確かに広いけど、話の種に一度見ればいいかなって感じもする。
まだあっちにもあるけどどうする?
もういいんじゃない。

天気が良ければ十勝岳や富良野岳が正面に見えるはずなのですが、生憎遠くは霞んでいてどれがどこなのか判別できません。
残念だね〜。
十勝岳や富良野岳が見えれば、ラベンダー畑も格好の前景になるのに。

「北の国から」はどうする?
TVでいっぱい見たし田中邦衛もいないし、結局カットして山に向かう。


三山目は富良野岳の予定ですが、イマイチ天気予報がパッとしません。
登山口である十勝岳温泉に向かう途中、十勝岳の望岳台が気になったので下見に寄ります。
ここも百名山なので、それなりに多くの車が停まっていました。

十勝山は相変わらずガスっていて、裾野しか見えません。
望岳台の様子だけ確認して、十勝岳温泉の凌雲閣に車を廻します。

茶色く濁ったぬるい温泉だったので長湯。
露天風呂から富良野岳一望とのことでしたが、山は見えず。

 凌雲閣でお風呂する

凌雲閣の真ん前がトイレ付きの無料駐車場になっていました。
きょうはここで車中泊です。
綺麗なトイレ。
こちらも数台停まっていますね。

夕方から降り出した雨は、朝方まで車の屋根を叩いていました。
北海道は梅雨がなくカラッとしていると言うのは昔の話やね。
今は全く予想のつかない変な天気です。

 十勝岳温泉駐車場

富良野の夜景をぼんやり眺める。
落ち込んだ心が一瞬ほっとする瞬間です。

寝よっか。

 富良野の夜景

   美瑛の場所            

inserted by FC2 system