2012.08.04-05                        K2Couple No.0375

アヤメ平 中原山
おぜ あやめだいら なかはらやま (群馬県)
1,969m
夏休み日記、初めての山小屋体験

コース最大標高差 : 655
コース累積標高差(+) : 770
コース累積標高差(−) : 485
コース距離 : 8.0+7.3 km
行動時間 : 5'40"+3'20"
               * 距離と最大標高差・累積標高差は GARMIN GPS data です ▲ 富士見田代で燧をbackに

  8:00 = 高崎IC = 沼田IC = 9:50尾瀬戸倉第二p10:00 =taxi= 10:10富士見下p
  富士見下p 10:15 - 11:10田代原(L)11:50 - 12:35水場12:45 - 14:00富士見小屋14:20 - 14:25富士見田代14:30 - 14:45
アヤメ平15:20 -
  15:35富士見田代15:45 - 15:55富士見小屋

  富士見小屋7:50 - 8:00富士見田代8:05 - 8:20アヤメ平8:25 - 8:40中原山 - 10:00横田代10:10 - 11:10鳩待峠
  
鳩待峠11:40 =乗合バス= 12:00戸倉第二p、戸倉温泉戸倉温泉13:00 = 沼田IC = 高崎IC = 14:55■


  富士見小屋 (¥8,400)  尾瀬戸倉温泉 ぶらり館 戸倉の湯 (¥500、子供¥200)

 毎日暑い日が続くので、身体がおかしくなりそう、頭も (^^;
 涼を求めて高い山へ行こう。
 浅間は孫たちの地元だし、北アや八ツは若干荷が重いし、近くて危なくなくて小屋のあるところ ・・・
 そうです。shion君は15回目の山登り、aoi君は12回目なので、そろそろ山小屋の体験もさせてやりたいし。
 そんな訳で、八方尾根と尾瀬が候補に挙がりましたが、のんびり過ごせそうな尾瀬の穴場ルートに決定。


今回は山小屋泊まりなので、余裕の出発です。
車の中でコンビニ を食べながら。

戸倉の第一駐車場は満車らしく、第二駐車場に行かされる。
こっちはガラガラ。

富士見下への路線バスは一日3本しかないので、係りの人に頼んでタクシーを呼んでもらいますね。

 戸倉第二駐車場はガラ空き

準備が出来ないうちにタクシーが来て、せかされる
富士見下などというマイナーな登山口に向かうのは、私達だけのようです。

車止めゲートの真ん前まで入って降ろしてもらう。
shionがおじいちゃんのザックを背負いたいというので好きにさせたら、いくらも歩かない内にお腹が痛いと言い出した。

薬を飲ませて休み休み進みます。
木陰の多い林道なので助かりましたけど。

 腹いて〜

グレグレのshion、困ったな。
富士見林道の紅葉スポット田代原でラーメン休憩にしました。
恐るべし ・・・ カップラーメンを食べたら元気になったよ。

薬が効いたのかな? ただのすきっ腹だったのかな?
どっちにせよ元気になって良かった。

 田代原で復活のカップラーメン




 途中で沢山トンボが飛んでいたので捕まえなが
 ら歩いたり、オオバコの茎で綱引き勝負したり。
 遊びながらの歩きなので、先に進みませんよ。

 変則シリトリを始めたかと思えば、
 今度は「あ〜そうですか」遊びに興じる♂三匹。

 おいちゃんが次々と新しい遊びを用意するので
 付き合う私は疲れる〜。

 遊び歩き       ▲ オオバコ
 トンボ受難         ▲ みかん食べさしてんだよ〜
 水場でガブ飲み             ▲ オオバコ勝負

    ヤマアジサイ      チダケサシ        ハナニガナ       ヤマハハコ      ヨツバヒヨドリ        ウド

  ▲ ヤマブキショウマ      キオン       コイチョウラン      カニコウモリ      コケオトギリ      ツルリンドウ

    クルマムグラ      タケシマラン       シシウド         ハリブキ       オニシモツケ      イヌトウバナ


途中の水場で水を飲んだり、顔を洗ったり、タオルを冷やしたり。
頭まで洗ってヒャ〜ヒャ〜騒ぐバカモンも出現。
とっても冷たい水でした。
放射能入りですよん (^^; げ〜。

そんなこんなで、いつになったら小屋に着くのやら。

 行く気なし          ▲ またしてもおやつ休憩ね

CTの倍かかって、富士見小屋が見えてきました。

小屋の前で咲き始めたヤナギランが出迎えてくれます。
玄関の入り口には、ニッコウキスゲの咲き残りも健在です。

今回の山小屋体験は、混雑を避けて旅館風の富士見小屋ですよ。
宿泊者(予約)があるときだけ営業します。
受付のあとは、お茶とお菓子のサービスです。
旅館みたいだけど、ひっそりしてお化け屋敷みたい (^^;

 着いた〜
 ヤナギランの咲く富士見小屋          ▲ ニッコウキスゲの咲き残り

      アザミ         クロヅル       ヤマオダマキ     コバノトンボソウ     ヤナギラン       ヤナギラン


充分時間があるので、アヤメ平までお散歩に出かけましょう。
途中の湿原いっぱいにキンコウカの花が真っ黄っ黄。

アヤメ平とは、
キンコウカの葉っぱをアヤメと間違えて、名付けられたのだそうです。
確かに!これはアヤメ平じゃなくてキンコウカ平ですよ。

見渡す限りのキンコウカ。

 キンコウカ一色

小屋から僅かで富士見田代。
ガスっていて、燧ヶ岳の姿はありません。

午前中はいい天気だったようですが、私達が行った時は雲が湧いて燧ヶ岳も至仏山も見えませんでした。

 富士見田代

富士見小屋からアヤメ平の間、所々で木道の更新が進んでいます。

前方のアヤメ平はガスが流れて、見えたり隠れたしていますね。
あそこまで行って帰るよ〜。

子供達は私達にかまわずドンドン先に行ってしまいます。
羨ましいパワー。

 真新しい木道をアヤメ平へ
 必殺ポーズ            ▲ おひけ〜なすって
 えっへん            ▲ アヤメ平のベンチで

黄色の原が気持ちよく、空気も爽やかですよ。
尾瀬の空気を思いっきり吸っていこうぜ〜。
深呼吸競争、吸ったら吐いちゃダメだよ (^^; ゲホゲホ。

ジャンケンしたりポーズをしたりのおちゃらけ帰りです。
山は見えないね。

尾瀬の歌(夏の思い出)をみんなで歌いながらポコポコ歩いていたら、燧が出ているじゃありませんか。

 え〜っ、僕グ〜出したんだよ
                            ▲ 遥かな尾瀬〜 曇り空 ♪
                           ▲ あれ一番高い山だよ、ヒウチ
  ▲ タテヤマリンドウ    ▲ ミズバショウ    ▲ アキノキリンソウ   ▲ シラネニンジン    ▲ ヒメシャクナゲ     ▲ オニアザミ

    エゾリンドウ蕾     イワショウブ      モウセンゴケ     モウセンゴケ花    アカミノイヌツゲ     ギンリョウソウ

   ミヤマホツツジ       アカモノ        オオカメノキ      ツルコケモモ      チングルマ        ナナカマド
 木が枯れてるね    ▲ おじいちゃんとおばあちゃん、撮ってあげるよ

小屋に戻って、おいちゃんはビールグビグビ(^^ うめ〜。
子供達は炭酸飲料グビグビ (^^ うめ〜 (何から何まで真似をしますね)

小屋の奥さんが連れてきた可愛いワンちゃんがいました。
犬と遊んだり、かくれんぼをしたりジッとしていません。

SL型ストーブに興味津々。
薪を入れて燃やすと、シュッポシュッポって走るんだよ。
え〜、だって線路短いじゃん。

うるさいから、下に水汲みに行かせる。

 SLストーブ

食べる前に、ご主人がお料理の説明。
美味しいおかずがいっぱい並んで、満腹で〜す(^^
大人には3年物の梅酒が付いていました。
味噌汁の代わりにうどんです。

食後は尾瀬のビデオを見たり、オリンピック中継を見たりして過ごす。

戸倉の富士見旅館に少年サッカークラブの合宿が入ってるとかで、奥様は犬を連れて下りて行かれました。

 晩御飯

そのあとご主人の案内で、ヤマネを見せていただきます。
天井裏に住んでいて、毎晩食事に出てくるそうです。

きょうの宿泊客は、私達のほか3人だけです。
明日小至仏まで行く二人連れの女性と単独の男性。
広い山小屋に寂しいくらい。

二階の五号室は10畳くらいの広さ。
床の間や欄間があって旅館のような造りになっていました。

 ヤマネ (富士見小屋blogより)

さ〜てと、肝試しをしようぜ

8時を過ぎたら廊下は真っ暗になりました。
便所まで行くのに、おじいちゃんにベッタリ張り付いています。
明るい時でもひっそりした小屋でしたから、効果抜群。

夜は20℃を切るという山小屋なので、毛布と布団をシッカリ掛けます。
子供達は興奮冷めやらず、しばらく寝付かれないようでした (^^;
今時の子供にしてみれば、トトロの家みたいに別世界だったのかも。

これが超満員の山小屋だったら、圧倒されて萎縮したかもしれませんけど。

 電気のランプ

   そして翌日

ひんやりして清々しい朝を迎えました。
小屋の周りには朝霧が流れていますが、上空に青空が覗いています。
尾瀬ヶ原に下る選択肢もありましたが、アヤメ平を鳩待峠へ下ることに。

おいちゃんは朝の景色を見に一人で富士見田代に上がりましたが、夜明けの感動的な場面には遭遇できなかったらしい。

 夜霧が薄くなって尾瀬は朝を迎える

チャンチャ〜カチャカチャカ ・・・
「素晴らしい朝が来た希望の朝だ〜♪」まず歌って(^^
   「皆さんおはようございます。
    きょうは尾瀬の富士見小屋の庭から生中継です。
    4人の皆さんが集まってくれました。」

shionの迫真の実況中継でラジオ体操が始まりました。
家でも毎朝欠かさずやっているしね。

朝食も美味しく、メニューは山小屋と言うよりも旅館ですね。
食後のコーヒーまでサービスしていただきました。

 はいラジオ体操第一だよ
 朝食風景 (貸切)             ▲ 朝ごはん

小屋のご主人に挨拶をして、出発です。
「またおいで〜」「は〜い」

アヤメ平までは、昨日歩いた道ですね。
きょうは燧ヶ岳が綺麗に見えていて気持ちがいいな〜。
至仏山は見えたり隠れたり ・・・

 気合一発          ▲ 燧バッチリ、ポーズばっちり

最高に嬉しいのは、我が隊貸切りのアヤメ平ということです。
全く人に会いません。

山は綺麗だし、空気は爽やか、湿原に果てしなく伸びる木道。
ベンチで休んでいたら、デカザックの若者が一人通りかかりました。
重そう
背負ってみるかい?

結局、デカザックの体験を辞退してお別れします。

 燧ヶ岳
 日光白根山           ▲ 開放されてバラバラ
                           ▲ 復元中の湿原、景鶴の上に平ヶ岳も見える
    ヒメヘビイチゴ     シナノオトギリ     ゴゼンタチバナ    ニッコウキスゲ     コバノギボウシ      ミタケスゲ
    エンレイソウ       キンコウカ       ワレモコウ        ワタスゲ       オオシラビソ        サワラン

山や花の写真を撮ったり またまたゲームをしたりしながら歩きます。
休憩ベンチを見つけるたびに、各駅停車。

本日の最高点、中原山を通過。
標識があるだけで山らしくはない。


 中原山            ▲ 各駅停車な訳で
 オオシラビソ              ▲ あっぢ〜
                     ▲ 広くていい景色だろ?夏が来たら今日のこと思い出せよ

静かなアヤメ平の向うから、何やらザワザワと人の気配。
団体さんが向かってきています。
ベンチでやり過ごそうとしたら、団体さんも横田代で休んじゃった (^^;

じっと待っていたら、間もなく25人と24人の二団体が通過。
ご苦労様です。


 団体さんが向かってきます           ▲ 喧騒去って静けさ戻る

空気は相変わらず爽やかなのですが、徐々に日差しは強くなる。

峠に着いたらソフトしよう。
2こ買うから、食べる人じゃんけんで決めるよ〜。
え〜ヤダ〜。

最初はグー、大声を張り上げてソフト争奪じゃんけん大会が始まる。
世の中キビシイぜ〜。

 コバノギボウシ

最後の湿原、横田代に到着。
そして最後のダラダラ休憩。

池に魚がいるの?
池塘って言うんだよ。
ちとう?

 横田代              ▲ ちとうだよね

横田代をあとにすると、いよいよ樹林帯に入ります。
木漏れ日が嬉しい。
花や眺めはないけれど、木陰は涼しくて快感です。

子供は疲れ知らず、どんどん行っちゃいます。
先に行っては振り返って、様子を伺っている。
おばあちゃん、早くおいでよ〜。

いよいよ鳩待峠の気配です。
着いたよ〜。

 木漏れ日が優しい

それほど長い行程ではありませんが、何気に疲れたね。
展望に恵まれて楽しく歩けました。
楽しいこといっぱいしたしね。

何が一番楽しかった?
う〜ん忘れた (^^;
だめだこりゃ。

締めくくりの握手 お疲れ〜。

 お疲れサマー

お約束の花豆ソフトクリームです。
おじいちゃんの嘘に気をもんでいましたが、一人いっこずつゲット。

ここからバスに乗って帰るんだよ。
え〜バスに乗んの、やった〜。

 最後のご褒美にニッコリ

タイミング悪く乗合タクシーは出たばかりです。
この時間帯はまだ下山する人は少なく、人数が8人になるまで待ちぼうけ。

バスに揺られ、駐車場から最寄の温泉に直行しましょう。
蜂やアブに大騒ぎしながら、露天風呂で汗を流しますね。

濃くて美味しい牛乳と薄くてマズイ牛乳(?)を買って、残り物のパンを食べながら帰ってきましたが、子供達は速攻寝入っていました(^^

沼田では30℃だったのに、高崎はきょうも37℃だった。
地球壊れてるかも。

 待ちぼうけ

 鳩待峠のバス           ▲ ブラリ館のはく製


  この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

   アヤメ平の場所           

inserted by FC2 system