2012.08.16〜17                       K2Couple No.0376

鳳凰三山
ほうおうさんざん (山梨県)
2,840m

  薬師岳 .2780m 観音岳 2840m 地蔵岳 2764m

南アの大展望と愛しのタカネビランジ 

コース最大標高差 : 1,760
コース累積標高差(+) : 1,755+605
コース累積標高差(−) : 125+2,235
コース距離 : 9.1+11.2 km
行動時間 : 8'30"+8'40"

               * 距離と最大標高差・累積標高差は GARMIN GPS data です

 仙丈ヶ岳に沈む夕陽

  ■ 3:35 = 藤岡IC = 佐久南IC = 韮崎 = 6:25青木鉱泉p
  
青木鉱泉p 6:50 - 7:40薬師岳登山口7:45 - 8:50林道クロス8:55 - 12:00御座石(L1)12:15 - 13:20展望岩L2)13:35 - 13:55
薬師岳15:10 -
  15:20薬師岳小屋(砂払岳散策)17:50 - 17:55砂払岳(日没)18:30 - 18:35薬師岳小屋(宿泊)

  薬師岳小屋 4:40 - 4:50薬師岳5:25 - 5:35薬師岳小屋6:15 - 6:25薬師岳 - 6:50観音岳7:00 - 7:35鳳凰小屋分岐 - 8:35赤抜沢ノ頭 -
  8:40賽ノ河原845 - 9:00
地蔵岳 - 9:10賽ノ河原 - 9:50鳳凰小屋(L1)10:00 - 10:45五色ノ滝L2)11:10 - 11:30白糸ノ滝L3)11:45 -
  13:15南精進ヶ滝 - 14:10ドンドコ沢分岐14:20 - 14:55青木鉱泉p(風呂)

  青木鉱泉p16:05 = 韮崎 = 佐久南IC = 藤岡IC = 20:15■


  薬師岳小屋 (¥8,000)   青木鉱泉 (¥1,000)

 鳳凰山とは、現在では、地蔵岳、観音岳、薬師岳の三峰の総称になっている。(中略)
 地蔵岳の絶頂に、二個の巨石が相抱くように突っ立っている。
 古人はこれを大日如来に擬して尊崇したところから、法皇山の名が生じたと言われている。
 その後徳川時代の中期から地蔵仏の信仰が盛んになって、この巨石も形が似ているので地蔵仏と呼ばれるようになった。
 私が登った頃には、地蔵岳の下の賽の河原と称する所に、昔の信仰登山者のおいて行った小さな石の地蔵が、壊れた形で散らばっていた。(中略)
 地蔵仏は高さ約十八米、極めて印象的なオベリスクで、甲府盆地からでもよく注意すると認めることができる。
 それは、鳳凰山のシンボルのように立っている。
 その巨石に初めて攀じ登ったのはウォルター・ウェストンで、明治三十七年(1904年)の夏であった。
                                                                                                深田久弥 『日本百名山』 より抜粋  


お盆休みの前半は、子供達が孫を連れてワイワイ集合。
3+10=13人、瞬間的に人口密度跳ね上がる。
おいちゃんは二人の孫を連れて、盆迎えに行きます。(これ逃亡とも言う)

盆休みの間に一度くらいは山に登りたい。
おじいちゃんとおばあちゃんは山に行くから、みんな帰ってね〜。
え〜ヤダ〜騒然。

北アの薬師岳か船窪に行きたいと思っていたのですが、北ア方面の天気予報はイマイチ優れません。
どうする?どこ行く?の大合唱ばかりで、時間はどんどん過ぎて行く。

 清里通過中

晴れ傾向のエリアを探して、前々から行きたかった鳳凰に照準を絞った。
しかし標高差がハンパじゃないやね。
連日の猛暑で疲れ気味のはらっぱは、登れるかどうか不安です。
ゆっくり休み休み登れば何とかなるだろうと最終決定した。

朝3時過ぎに起きて、いそいそと出発します。
まだ空に星が輝いていました。
清里を通過し北杜市に入ると、正面に雲をまとった鳳凰三山がくっきりと聳えていますよ。

 鳳凰三山が呼んでいる

順調に青木鉱泉に着いたはいいが、駐車場は満車状態ですよ。
一番奥の見えないところに一台分空いていて、無理無理頭から突っ込む。

青木鉱泉の受付に廻って、二日分の駐車料金(¥1,500)を払いますね。
満面の笑顔、超甘え声で 『帰りにお風呂に入りますから、上に停めさせて!』
速攻一蹴 『泊まらなきゃダメだね』
やっぱり。

 青木鉱泉の駐車場         ▲ TREKKING INFORMATION

居合わせた殆んどの人がドンドコ沢を登って行くようです。
我が隊は、中道コースを薬師岳まで一気登りです
標高差はドンドコ経由鳳凰小屋より400m多く1,700m位になりますが、稜線上の小屋のほうが朝夕楽しめるし。

誰もいないので、のんびりK2ペースで登れるのがラッキーです。
駐車場からトイレの前を通り、ドンドコ沢を渡渉して対岸の小武川林道に出ますね。

 ドンドコ沢を渡って
 林道が入り組んでいる           ▲ てっぺんが見えたぜ〜

林道沿いの花を探しながら歩いていたら、山頂の一角らしきものが見える。
やったね、空は快晴。

小一時間の林道歩きで、中道の登山口に着きます。
ドリンク休憩をして、いよいよ恒例の夏山合宿の始まりですよん。

朽ちた建物があり、ここから本格的な登りですね。
急斜面ながら尾根を丁寧にジグを切っているので登りやすい道です。
登山道もフカフカだし。

 あれが薬師かな

 
     ▲ ヌスビトハギ         シナノナデシコ         ボタンヅル           キツリフネ          ゲンノショウコ
 
   ▲ ヤマキツネノボタン        ツリフネソウ          シデシャジン         ヤマオダマキ        マルバタケブキ
 
     ▲ ホタルブクロ            ウド            タマアジサイ         コバノギボウシ

カラマツの植林地なので木陰なのに無風蒸し風呂。
汗をかきかき一歩ずつ稼ぐ。

御座石鉱泉からの尾根だろうか、隣りの尾根がはっきり見えるようになるが下からどんどんガスが上がってきて辺りが白くなりました。
登るには最高のコンディションですね。

横になった丸太や岩を見つけると、すかさず休憩します。
もうかい?って言われますが、バテる前に休憩しなくっちゃね。
休んでばっかし (^^;

 また休憩ですか

笹の小径が気持ちいいです。
林道の跡みたいなところを横切る。

ここは林道の終点っぽくなっていて、また改めて登山口と書かれていた。
小武川林道は入り組んでいて、かつてはここまで車で来れたのかな。
ここまで入れれば、2時間(K2時間で)もアプローチ短縮できるのにね。

 改めて登山口
 笹とカラマツの素敵な道     ▲ 御座石鉱泉からのの尾根が垣間見える
 サルオガセって怪しい草        ▲ 熊鈴鳴らしてシコシコ登りますね

ガスが流れて後方の景色が樹間に見えます。
おう、あなたは八ヶ岳さんじゃありませんか。

この頃になると、時々下山者とすれ違うようになります。
下山に使われることが多い中道コースという認識です。
中には小学5年生の男児に遅れてやっとお父さんが追いかけている親子もいましたよ。

 八ツ赤岳と権現岳

 
    ▲ フシグロセンノウ      ▲ ヤマホトトギス          ノリウツギ            キイチゴ           イチヤクソウ
 
     ▲ ギンリョウソウ         コガネギク        ▲ セリバシオガマ       ▲ ミヤマホツツジ 

北八ツ風の苔むしたダケカンバ林を、まだかまだかと歩いてやっと御座石(おぐらいし)に辿り着きました。
おいちゃんは地図を見て「まだここかい」って。

もうバテバテですが、何が何でも登るしかないよね。
次は展望岩をめざして気合を入れ直す。


 しっとりダケカンバ林               ▲ 御座石

まだかい、まだかい〜 ・・・ こればっかしで会話にならず。
ハクサンシャクナゲの群生地らしく、まだ萎びた花が残っている。
綺麗な花びらも下に落ちています。

ついに森林限界突破だぜ〜、展望が一気に開けるもガスガス。

わお〜山が浮かんできたぞ〜。
おやつ休憩をしながら、ガスのベールが取れるのを気長に待ちます。
願えば叶う、途切れ途切れながら徐々に山容がはっきりしてきた。

 浮かんでは消え、じれったい
                             ▲ 紛れもなく薬師岳本体だ〜

                             甲府盆地や富士山が見えるよ


山頂が見えた途端に、おいちゃんは感動と裏腹に戦意喪失。
「まだあそこまで登らなくちゃいけないのかよ〜」
理解っているのに愚痴る。

北島康介選手のドキュメント番組で。
ゴールが見えたら猛烈に頑張る人と、気が抜けてペースダウンする二つのタイプがあるらしい。
おいちゃんは絶対後者のタイプ、ツメが甘いんだよな〜。

 富士山です             ▲ 飛んで行きたい

さあ行くよ〜。
足はガクガクなのに、気持ちだけは元気なはらっぱは前者のタイプ (^^

ハイマツ帯から白い砂礫の斜面を登る。
南峰と北峰のコルに飛び出せば、素晴らしい眺めが展開します。

そして恋焦がれたタカネビランジが、岩陰に咲いてたの
探すつもりで来たのに、よく見ればあっちにもこっちにも。
気が狂いそうだワン(^^;

 ハイマツから砂礫へ
 会いに来たよ〜            ▲ トウヤクリンドウ
                               ▲ タカネビランジ
 薬師岳南峰と富士山              ▲ 濃いカップル
 八ヶ岳遠望          ▲ 恥ずかしがり屋の北岳さん
 元気いっぱい                ▲ 北峰

山頂に着けば、あとは4時までに小屋へ下ればいいのだ。
まったりのんびりしようぜ♪そうしよ(^^

二つのピークから八ヶ岳や富士山を眺める。
岩の上に座って、出そうで出ない北岳山頂をボ〜っと眺めてました。
通りかかる人もないに等しく、贅沢過ぎる独占状態の山頂。

充分に展望を楽しんだし時間も迫ってきたので、小屋に下ることにします。

 山梨百名山の標柱             ▲ 満足ですか?

 
     ▲ キタザワブシ        タカネナナカマド         コケモモ           コケモモの実          タケシマラン
 
    ▲ トウヤクリンドウ        ゴゼンタチバナ         ミヤマゼンコ                ウラジロナナカマド
 薬師岳小屋に向かう           ▲ まだまだタカネビランジ

はらっぱは、薬師岳小屋を見て愕然
昨年改築したばっかりの綺麗な小屋だって言ったじゃんよう。
それは、北アの薬師岳山荘の話でしょ。
「・・・・・」

受付を済ませて、すぐ上の砂払岳に登ってみます。
夜叉神峠からのコースは、この山を越えて来るらしい。

ホシガラスがハイマツの実をくわえては飛んで行きます。
そして決まった木の枝に留まってモグモグ。

 ホシガラス君こっち向いて ホイ!

馴染みの奥秩父を眺めて感傷に耽る。
雲が形を変えながら夕陽に照らされて真っ白く輝いていますね。
日常は気にも掛けない景色だけど、じっくり眺めるのもいいもんだ。

晩御飯はできたかな。
小屋の煙突から、頼りない煙が立ち昇っている。(←戦後の風景ですがね)
山を眺めて夕食を待つ。
頭の中もお腹の中もカラッポ。

登ってくるときのバテバテを忘れさせる至福のひとときです。

 感傷に耽ったりして

 紅葉が始まったウラシマツツジ

            ▲ コバノコゴメグサ

5時半の夕食は、おでんの盛り合わせと野菜入りの味噌汁にお漬物でした。
まあまあかな。

食後、再び砂払岳に登る。
数人の方が日没の瞬間を見に登ってきますね。
少し肌寒いので上着を羽織って、サンダル履きです (^^;

 日没ショー見物の人たち

一日の仕事を終えた太陽が、仙丈ヶ岳にスルスルと落ちて行きます。
上空の雲に残照が映えて美しい。

目を移せば、薬師南峰の天辺だけに陽が残っている。
山も静かに眠りに就く時間がやってきました。
シルエットになった北岳も、穏やかな表情で他を見下ろしています。
お腹はいっぱになったけど、頭の中はカラッポのまま山を見つめる ・・・

 絹のように柔らかい一瞬の美しさ          ▲ 静かに眠りに就くとき

                         ▲ 精霊の住むところ、高く険しく美しく (北岳)


高嶺の花を愛で、ガスの流れに佇む一日の終り。
沈む夕日を心に刻んで小屋に戻ります。
外は相当冷えて肌寒かった。
朝は10度位になるらしい。

この日の宿泊者は16名であり、ゆったり寝られるのが何よりも嬉しい。
古くて小さいけど100%山小屋のたたずまい、外の水洗トイレも悪くない。
テン場なし、水場なし(飲料水は天水煮沸利用)。

毛布と布団をしっかり掛けて寝るぞ〜。
夜空に瞬く星が近い

 小屋に戻って寝ましょうね

二日目(鳳凰三山縦走) へ

  鳳凰三山の場所         

inserted by FC2 system