2012.10.20                       K2Couple No.383

富貴原ノ池
しらねさん ふきはらのいけ (群馬県)
2,025m
膝痛♀腰痛♂のリハビリ紅葉ハイク

コース最大標高差 : 485
コース累積標高差(+) : 95
コース累積標高差(−) : 580
コース距離 : 4.9 km
行動時間 : 3'40"

* 距離と最大標高差・累積標高差は GARMIN GPS data です

▲ 富貴原ノ池
   6:20 = 倉淵 = 草津温泉 = 8:25白根火山RW山麓駅p
   山麓駅p 9:00《白根火山RW》山頂駅9:10 - 935鏡池分岐 - 10:30富貴原ノ池 - 11:10岩(L)12:00 -
   12:15殺生河原・万代鉱分岐(草津温泉方面 ⊃)12:30 - 12:40RW山麓駅
   
山麓駅p12:45 = 13:00草津ナウリゾート1415 = 倉淵 = 16:30

  草津温泉 草津ナウリゾートホテル (¥1,000)

 今週の土日も天気がよさそうですね。
 で、またまたジッとしていられなくて、お気に入りのお散歩コースに出掛けましょう。
 行く先は草津白根山のふもと、富貴原ノ池ですよ。
 何気にみんな先週に行ってるし ・・・ 遅いかな。
 夕べの松茸ご飯の残りをお握りにして、みかんを持ったりコーヒーを淹れたりして、ヨレヨレ隊のリハビリハイク出発です。 


確かに予報通り晴れてはいるけど、遠くは少し霞んでいます。
八ツ場ダムのバイパス道を走って草津に入りますと、ちょうど紅葉が見頃のようでした。

うん???
天狗山レストハウスの駐車場にクラシックカーがいっぱい集結して、何か式典みたいのをやってました。
きょうは「La Festa Autunno 2012」の二日目だったのですね。

 志賀草津高原ルートの入口

白根火山RWの山麓駅に着くと、そこにも2台停まっている。
この後 次々とクラシックカーがやってきますよ。
チェックポイントを通過するタイムラリーなのかな。
昔、広島にいる時に、二人で参加したことあるよね。

どの車にも大きな数字が書いてあり 何と100番までありました。
全国から集まっているみたいで、私の故郷広島b烽ったよ。
小さな車に窮屈そうに乗っていたのは、外国人でした(^^;
あとで名簿を見たら、片山右京さんや近藤マッチの名前も。

 来る来るドンドン上がって来る
 No33は、1949年のMG TC MIDGET       ▲ RWの山麓駅に貼ってあったポスター

音ばっかりでスピードの遅いクラシックカーを応援していたら、あっという間に時間が経ってしまった。

富貴原ノ池までピストンのつもりでしたが、RWが営業する9時近くなっちゃったし、あまりに天気がいいので奮発して乗ることにします。(¥900)
ピストンより楽だしね〜。

で、並ぶこともなく最初のお客さん、一番乗りですよ。
何事も一番ってのは気分いいよね。(後ろ見てもだれもいないし)

 はい、一番目の方は無料ですよ (ならいいけど)

空中散歩の景色もいいですね〜。
高いところから、紅葉の山肌やクネクネの山岳道路を眺めるのはいい気分です。

下のほうは、まだ何とか紅葉が楽しめそう。
気分も高揚。
あっ、クラシックカー走ってる。

 一番ってことは、周りにゴンドラが一つもない             ▲ キレイやね〜
 おっ、いたいた               ▲ クネクネ
 ちょっと落葉気味かな     ▲ 山頂駅にはシャトルバスが待っていたけど

ロ−プウエイを下りると、白根山レストハウスまでの無料送迎バスが待っていました。

運転手さんは私たちを見つけて「いらっしゃい」体勢に入りますが、バスの横をフェイントかけて通り過ぎます。
スミマセン(^^ 私たちここから下って帰るだけですから〜。

きょうも、紅葉見物遊山ですよ。
 あおぞら一人きり
 まず一つ沢を渡って            ▲ 霜が降りてるし
 ナナカマドさん             ▲ ゴゼンタチバナ
 コイワカガミの葉っぱ              ▲ マイヅルソウ

本白根山の捲き道に入ると、日陰道なので水溜りが凍っています。
斜面には6cmくらいの立派な霜柱も立っていますよ。
手が冷たい訳だよね〜。

それでも歩いているとだんだん暑くなってきましたよ。
道端のゴゼンタチバナやイワカガミの葉っぱが美味しそうなの。
だって、チョコレート色だもん。

そうこうすると本白根山頂(鏡池)から下りて来る分岐に着きます。
ここからは日当たりの良いポカポカ道。

 鏡池に上がる分岐

紅葉は終わり、ほとんどの木が落葉しているので草津の町が見えます。

細いトラバース道のあとは、背の高い笹の急斜面を下ります。
そして、笹の斜面が終わると日本庭園のような岩と紅葉の道です。
ここは大好きな場所です。

前方に浅間隠山や鼻曲山、その後ろに榛名山、更に後ろに赤城山。
遠くは皇海山や日光白根山も見えているのだ。
右に目を移せば、山頂に雲をかぶった浅間山が大きい。

 富貴原ノ池が見える
 オオカメノキ          ▲ カラマツの黄葉はこれから

途中の岩場でドリンク休憩したあと、おいちゃんは勝手にドンドン下りちゃいます。

青空の下、ご機嫌に下って富貴原の池に着きました。
この辺りはまだ紅葉が楽しめるのですが、休む場所がないのが残念。
いつもは道端で休むのですが、きょうはスルーしますね。
相棒が行っちゃってるので(^^;

 ダケカンバと本白根山             ▲ この場所も好き

                               ▲ 静かな富貴原ノ池

                                      ▲ こんな感じです
           ▲ 池を迂回するように道があって、山はこんな風に見える (頭の中で、上の画像の左側にこの画像をくっつけてね(^^)
                         ▲ 南方面 (榛名山〜浅間山) これも上の写真の左にくっつけて
                                     ▲ 東方面 (これもその左)
                         ▲ 殺生河原へ延びる尾根の紅葉 (じつはこれも ・・・ くどいよ〜 ^^);
                                      ▲ 草津温泉を一望できる

池から笹原の斜面に付けられた道を下ります。
右下に見える斜面は、紅葉の素晴らしいところ。
あの中を下る道があれば最高なのに。

でも、緑の熊笹を下る。

 笹の斜面を下って        ▲ 右手に見えますのは紅葉です

一旦、不釣合いな樹林帯にもぐることになります。
急な道をロープを掴んで下ったり登ったり ・・・

実はRWの切符売り場のお姉さんに、「この道は健脚コースなので気を付けて」と言われたのです。
?マークだったけど、この樹林帯のことなのかもね(^^

樹林帯でも比較的明るく、落ち葉の絨毯状態で楽しい道ですよ。
登って下ってカサコソカサコソ。

 急です        ▲ 落ち葉の写真を撮るおいちゃん

樹林帯を抜けると、富貴原コース一番の紅葉ゾーンですよ。
見晴らしのいい道端に陣取って、やっとランチタイムです。
腹へったぜ〜。

きょうは鍋焼きうどんだよ。
食事中に、2組のカップルが通り過ぎました。


 きれ〜              ▲ 岩場の紅葉

食事を済ませたら、展望三昧でまったり過ごす。
青空だし、風ないし最高だね。
少し寝ちゃおっかな(^^

草津のお昼のチャイムが聞こえてきました。
よっしゃ〜帰るぞ〜。
この頃には、少し雲が大きくなってきました。

 いい匂いがしてきた
 紅葉ゾーン              ▲ 黄色もあるし
あそこまで帰ります            ▲ 殺生河原あっぷ
                                ▲ 岩峰を飾る紅葉

 帰る気になった       ▲ 渾身のポーズ却下されて落ち込む

帰る途中、温泉街へ下る分岐があります。
ちょっと興味があったので寄り道してみましょう。

万代鉱・温泉街方面へ。

 草津温泉に下る分岐
 ちょっと行ってみよう                ▲ へ〜い

少し下って行ったら、本日一番とも言えそうな展望でした。
そして眼下に拡がるのはシャクナゲの海ですよ。
シャクナゲの木で埋め尽くされているのです。
すっげ〜。

黒っぽい岩壁からガスが噴出しているので、硫黄臭いです。
長居して死んだらやだから帰ろう。

 シャクナゲの海        ▲ 黒い岩からはガスが吹いている

                                        ▲ この開放感は素晴らしい

綺麗な紅葉と開放感に満足して、戻ることにします。
いつかこの道を草津温泉まで下ってみたいね。

青空を透かして見上げる紅葉が生き生きしていました。
紅葉なのにイキイキかい (^^;

人生の紅葉も美しくありたいものである。(本日の名言なんちゃって)

 殺生河原に戻りましょう             ▲ 青空に映える

分岐に戻って、そそくさと駐車場に帰ります。
殺生河原の硫化水素ガスは、殆んど噴出していませんでした。

朝は数台しか停まっていなかった駐車場が満車。



 (^^;           ▲ 殺生河原で締めポーズ

武具脱ノ池も廻ってみる?
もういいんじゃない。
道具を車に放り込んで帰途に着く。
武具脱ノ池のそばを通ったら紅葉が真っ赤赤ですっごく綺麗だったので、寄るべきだったと後悔しきりでした。

午後になっても、次々と白根山に向かって車が登って行きましたよ。
秋の行楽シーズンたけなわってところでしょうね。

 車の列を撮ろうとしたら途切れた (^^;

温泉探しです。
どうする?どうもしないよ。

走りながら、草津ナウリゾートを見つけた。
ここ前にも入ったことあるしね。
そうしよ♪そうしよ(^^

貸切ちっくな広いお風呂で、のんびりリッチに過ごす。

 紅い色が気に入ったし             ▲ また来るね〜

燃費がどれだけ伸びるか、きょうはエコ走行に徹するおいちゃん。
余裕の走りって、何か気分いいし。

榛名町は秋祭りの日らしく、国道封鎖で迂回させられる。
高崎市街地に入ったら、ゆとりの走りがどっかに飛んでった。

▲ 実りの秋祭りだ


  この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものである

   富貴原池の場所      

inserted by FC2 system