2002.11.23   K2Couple No.0075

黒斑山
あさま くろふやま (群馬県・長野県)
2,404m
標高差 431m
初冬に訪れる浅間山の展望台

  ■7:15 = 藤岡IC = 佐久IC = 8:50高峰高原ホテルp
  高峰高原ホテルp9:10 - 9:30車坂山 - 10:35赤ゾレの頭10:40 - 11:00
  トーミの頭 - 11:20
黒斑山(L)12:05 - トーミの頭 - 12:20中道分岐 -
  13:20高峰高原ホテル

  
高峰高原ホテル14:40 = 15:35大雅邸(こうべ高麗)19:30 = 佐久IC =
  藤岡IC = 20:25■
高峰高原ホテル 展望温泉 こまくさの湯 (¥500) ▲ トーミの頭より黒斑山   ▲ 黒斑山頂から外輪山


  それはいつも膨大な容積で、独占的な形で、曝け出しの肌で、そして頂にはいつも薄い煙を吐いていた。汽車の窓からこんなに間近く、高く、大きく、秘密
  なげに仰がれる山は、他に例がない。(中略)わが国で火山の代表と言えば、浅間と阿蘇である。いつ頃から吹き始めたか知らないが、それは今日に至る
  まで絶えることなく煙をあげている。浅間山は煙と共に生れ、今も煙によって名を博している。
                                                                                                深田久弥 『日本百名山』 より抜粋


今年は冬の到来が早く、浅間山も11月に入って以来、幾度か山頂斜面を白く染めていたので通勤途上気になっていた。

浅間前掛山西斜面に現われる黒地に白のストライプ模様を、黒斑から眺めたいという初冬トレッキング。

車坂峠は異常に暖かく拍子抜けする。
そこそこ雪の黒斑山を期待していたのだ。

 車坂峠から登り始める 

それでも黒斑山麓のカラマツやシラビソは霧氷で飾り付けられていた。

車坂山を越え開けた礫地に出て振り返れば展望が広がる。
八ヶ岳、中央アルプス、富士山、御岳、北ア、頚城山塊が真っ白に見えた。
浅間山は上信越高原国立公園の最高峰です。

 高峰山のかなたに北アの白い峰 

黒斑山の登山コースは槍ケ鞘を経由する表コースと、トーミの頭手前コルに直接登る中コースがある。
今回は展望の表コースから登って、のんびり中コースを下ることにした。

黒斑山斜面は霧氷で白く染まっている。
高度を上げるほどに、空気は引き締まって気持ちがいい。

 霧氷で覆われた黒斑山斜面 

凍った足元に気を配りながらワンピッチで赤ゾレの頭まで登ると東の視界が開け、浅間山が群馬側に噴煙をたなびかせていた。
浅間山といっても見えるのは前掛山で、主峰の釜山は陰に隠れている。       

赤ゾレの頭から浅間西外輪山全てを見渡す。
トーミの頭ではピークに立って浅間山と対話です。

この暖かさでストライプが細くなっていた。
もう少し雪があったほうが鑑賞にはベターだ。

 赤ゾレ付近から浅間山 

      槍ケ鞘の氷の華           トーミの頭から黒斑山           どや、高所平気症           黒斑のシラビソ帯 

黒斑山頂直下の登山道には雪を冠ったシラビソのX’masツリーがたくさんできていた。

ポカポカ陽気の黒斑山頂で、汚れなき浅間山に向かってランチタイムとなった。

Jバンドを下って湯の平に延びる道や前掛山に登る道を目で確認する。
来春にはこの下の広い草原を歩いてみたいと思っているのだ。

浅間のストライプがいまいち

黒斑の山頂からアイゼンを装着していたので快調なペースで下っていたが、アイゼンをはずすのがちょっと早過ぎたようだ。

中コースの日陰はツルツルに凍っていた。
でも大丈夫だろうと慎重に強行突破を試みる。
ところが二人とも立て続けにスリップして転倒の憂き目にあい、降参です。

再びアイゼンを装着するみじめな二人。

 浅間連山と北ア 

あてにしていた高峰温泉はスキーゲレンデで道路が寸断されて通行禁止だ。
テクって行く決心もつかないので、目の前の高峰高原ホテルのこまくさの湯に身体を沈める。
意外とサービスの行き届いたホテルだった。

紫苑の顔を見に佐久に寄り、大雅達が買い物から帰るのを待ってビール会オープンです。
焼肉屋で晩飯を食べてそのまま別れる。

 中コースを下る 

  地図表示 MapionBB            

inserted by FC2 system