2003.02.01   K2Couple No.0077

不動の滝
かわらゆ ふどうのたき (群馬県)
700m
T.O.のアイスクライミングに付き合う

  9:30 = 11:35不動滝p
  不動滝p11:55 - 12:05不動滝展望台13:15 - 13:40
不動の滝16:00 -
  16:15不動滝p17:00 - 17:10不動の滝18:00 - 18:15不動滝p
  
不動滝p18:30 =  19:00倉渕温泉20:50 = 21:50■
倉渕温泉 長寿の湯 (¥200) ▲ 一仕事終えて帰り支度にかかる


昨日はTUWV新年会だったがパスした。
拓哉からTELあり、今日はアイスクライミングに付き合うことになった。

二台の車で高崎から倉渕経由川原湯温泉に向かう。
温泉街を通り抜けて不動の滝駐車場に着いた頃は正午近くになっていた。

沢沿いに遊歩道を登ると滝見台に出てしまい行き止まりになる。
T.Oはザイルを取り出し懸垂下降で沢に降りて行く。
途中で拓哉振られる。

 緊張するヘツリ 

氷壁に取付く拓哉を遠目に見ていたが、風に晒されて身体がジワジワと凍り付いていった。
荷物をまとめて登山口まで戻り、雪と氷の沢をつめて滝の下まで行くことした。


大小の瀞をまいて行くが、T.Oが苦労して通過した壁のヘツリは、わが隊には到底不可能に思えた。

思案の末、流木を瀞に渡して左岸伝いにうまく切り抜けます。
あとは壁に付けられたスリングを頼りに不動滝の下まで行き、登攀組に合流したのであった。

他に1パーティー入っており、登攀合戦が始まります。
私たちは、T.Oと他のパーティー三人のクライミング技術を、ビレイ組とおしゃべりしながらただひたすら見学する。

 私にとってはこれが限界 

       不動の滝に到着         おぎゃをビレイする拓哉            よくやるわ             果敢に攀るおぎゃ 

          ▲ たっくん                  ▲ おぎゃ

  さて帰ろうかという時に、おぎゃがアイススクリューを途中に置き忘れてしまったことが発覚。
  高価なモノだと思いますが、忘れたことにできないんでしょうかね。
  回収するために拓哉がまた登ります。
  いつの間にか谷筋には暮色が迫り、ヘッデンを点けて沢を下る途中で拓哉が氷を踏み抜いて水没した。


  倉渕温泉でぬるい露天風呂に寝そべっていると、氷の世界で冷えきった身体がじわじわと暖たまっていくのが心地良かった。
  全員おそろのざるうどんを食べて、ゆっくりくつろぎます。

  家に着いたのは十時近くになってしまったが、大雅奈々紫苑が待っていてくれた。
  T.Oを囲んで深夜まで、今日一日を振返って時間を忘れるひととき。

  翌日またクライミングや山の話をして、T.Oは朝10時過ぎに横須賀に帰って行った。


  地図表示 MapionBB               

inserted by FC2 system